最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

function template
<format>

std::formatted_size(C++20)

namespace std {
  template<class... Args>
  size_t formatted_size(string_view fmt, const Args&... args); // (1)

  template<class... Args>
  size_t formatted_size(wstring_view fmt, const Args&... args); // (2)

  template<class... Args>
  size_t formatted_size(const locale& loc, string_view fmt, const Args&... args); // (3)

  template<class... Args>
  size_t formatted_size(const locale& loc, wstring_view fmt, const Args&... args); // (4)
}

概要

書式文字列fmtに従ったフォーマットでargs...の文字列表現を格納するために必要な文字数を返す。

  • (1): マルチバイト文字列版
  • (2): ワイド文字列版
  • (3): マルチバイト文字列版 (ロケール指定あり)
  • (4): ワイド文字列版 (ロケール指定あり)

formatted_size("The answer is {}.", 42); // => 17

事前条件

charTdecltype(fmt)::value_typeとして、

  • Argsのそれぞれの引数Tiに対応するフォーマッターformatter<Ti, charT>Formatter要件を満たす。

戻り値

書式文字列fmtに従ったフォーマットでargs...の文字列表現を格納するために必要な文字数。

例外

書式文字列が正しくなかったり、フォーマット実行時に失敗したりした場合、format_errorを投げる。

備考

マルチバイト文字列、ワイド文字列の区別は、可変長引数部分で受け取れる文字列の型にも適用される。

#include <iostream>
#include <format>

int main()
{
  std::cout << std::formatted_size("The answer is {}.", 42) << std::endl;
}

出力

17

バージョン

言語

  • C++20

処理系

参照