最終更新日時:
が更新

履歴 編集

class
<locale>

std::locale

namespace std {
  class locale;
}

概要

localeは、地域化のデータを表現するクラスである。localeはファセットの集合を保持しており、has_facet()use_facet()の関数テンプレートでlocaleが保持しているファセットを調査・取得できる。ファセットはfacetの派生クラスである。

メンバ関数

(constructor) コンストラクタ
(destructor) デストラクタ
operator= 代入演算子
combine 合成
name 名前の取得
operator== 等値比較
operator!= 非等値比較
operator() 照合オブジェクトを使用した文字列比較

静的メンバ関数

global グローバルロケールの設定
classic Cロケールを表すオブジェクトの取得

メンバ型

category ビットマスク型 intlocaleが保持するファセットを識別する用途。
id facetの識別用のクラス
facet ファセットの基底クラス

メンバ定数

static const category none = 0; ファセットなし
static const category collate = 0x10; 照合ファセット
static const category ctype = 0x20; 文字分類ファセット
static const category monetary = 0x40; 金額ファセット
static const category numeric = 0x80; 数値ファセット
static const category time = 0x100; 日時ファセット
static const category messages = 0x200; メッセージファセット
static const category all = collate
| ctype
| monetary
| numeric
| time
| messages;
全てのファセット

出力

参照