最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function
<locale>

std::wstring_convert::コンストラクタ(C++11)

wstring_convert(Codecvt* pcvt = new Codecvt);          // (1) C++11
explicit wstring_convert(Codecvt* pcvt = new Codecvt); // (1) C++14

wstring_convert(Codecvt* pcvt, state_type state);      // (2) C++11

wstring_convert(
    const byte_string& byte_err,
    const wide_string& wide_err = wide_string());      // (3) C++11
explicit wstring_convert(
    const byte_string& byte_err,
    const wide_string& wide_err = wide_string());      // (3) C++14

wstring_convert(const wstring_convert&) = delete;      // (4) C++14

概要

  • (1) : デフォルトコンストラクタ。
  • (2) : コード変換機、および変換状態を受け取るコンストラクタ。
  • (3) : 変換に失敗した際に返す文字列を受け取るコンストラクタ。
  • (4) : コピーコンストラクタ。コピー不可。これによりムーブも不可。

要件

  • (2) : pcvt != nullptrであること。

効果

  • (1) : コード変換機のインスタンスpcvtをメンバ変数として保持し、from_bytes()およびto_bytes()関数でのコード変換に使用する。
    • from_bytes()メンバ関数での変換失敗時に返されるワイド文字列は未設定となる。
    • to_bytes()メンバ関数での変換失敗時に返されるバイト文字列は未設定となる。
    • state()メンバ関数で返される状態は、初期状態となる。
  • (2) : コード変換機のインスタンスpcvtをメンバ変数として保持し、from_bytes()およびto_bytes()関数でのコード変換に使用する。state()メンバ関数で返される値として、パラメータstateを保持する。
    • from_bytes()メンバ関数での変換失敗時に返されるワイド文字列は未設定となる。
    • to_bytes()メンバ関数での変換失敗時に返されるバイト文字列は未設定となる。
  • (3) : to_bytes()メンバ関数での変換失敗時にbyte_errが返されるようになり、from_bytes()メンバ関数での変換失敗時にwide_errが返されるようになる。
    • new Codecvtで生成したコード変換機のインスタンスを、メンバ変数として保持する。
    • state()メンバ関数で返される状態は、初期状態となる。

#include <iostream>
#include <string>
#include <locale>
#include <codecvt>

int main()
{
  using cvt_t = std::codecvt_utf8<char32_t>;
  using converter_t = std::wstring_convert<cvt_t, char32_t>;

  // (1)
  // デフォルトコンストラクタ
  converter_t converter1;

  // (2)
  // コード変換機のインスタンス、および変換状態を受け取るコンストラクタ
  std::mbstate_t state;
  converter_t converter2(new cvt_t(), state);

  // (3)
  // 変換失敗時に返す文字列を受け取るコンストラクタ
  converter_t converter3(u8"convert error", U"convert error");
}

出力

バージョン

言語

  • C++11

処理系

参照