最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

はじめてのコントリビュート

本cpprefjpサイトは、GitHub Pagesのサービス上に構築されていますが、編集自体はGitHubリポジトリにあるMarkdown形式のプレーンテキストで行います。

cpprefjpサイトのGitHubリポジトリは、以下になります:

また、cpprefjpサイト上に掲載する画像ファイルのようなリソースも、GitHubリポジトリで管理しています。

GitHubからcpprefjpサイトへの自動反映

GitHub上で記述したMarkdown(.md)形式のリファレンスは、GitHub Actionsによって自動的にHTMLに変換されて、cpprefjpサイトに反映されます。

反映間隔

cpprefjp/site へ push すると、すぐに反映されます。

毎日深夜0時ころに全ページの変換を行います。ページを追加したときのサイドバーの更新や、GLOBAL_QUALIFY_LIST.txtを編集した場合の適用は、そのときの変換で全ページに変更が適用されます。

日次の変換中にコミットした変更は、日次の変換がおわったあと (だいたい1時間30分〜2時間くらい) に自動で変換・反映されます。

変換エラーの検出

変換時になんらかのエラーが発生した場合には、GitHub Actionsが失敗します。その場合、手元で修正して再度git pushを行うことになります

変換エラーではなく、GitHub Pagesリポジトリへのgit pushに失敗した場合 (buildアクションの実行中に新たなコミットがgit pushされた場合など) には、そのbuildアクションに対してRe-run jobを実行し、再度変換を行ってください

自動反映ツール

自動反映ツールも、GitHub上で開発が進められています。

機能要望やpull request等がありましたら、こちらにお願いします。

編集権限を得るには

push権限を持っていない方は、pull requestで何らかの編集を行うところからはじめてください。タスクを引き取っていただける場合には、タスクのissueに「やります」とコメントを書いていただければ、担当をお渡しします。

本サイトに対してpull requestを提出していただければ、取り込んだあとに管理者から編集権限をお渡しします。

pull requestに慣れていない場合には、issueでの相談からはじめていただければと思います。

管理者からpush権限をお渡しする申請が届いた場合には、引き受けていただけると幸いです。

Markdown形式による編集方法

cpprefjpサイトは、Markdown(.md)形式でリファレンスを記述します。

Markdownは、GitHubサービス上でドキュメントを記述するフォーマットとして広く使用されている形式です。

Markdownの記述方法をわかりやすく解説してくれているWebサイトは、すでに数多く存在しますので、詳細はそちらを参照してください。

ただし、cpprefjp特有の拡張構文もあります。 以下のページにまとめてあるので、そちらを参照して下さい。

Markdown形式では、HTMLのタグも併用できますが、cpprefjpサイトでは積極的にはHTMLタグを使用しない方針です。できるだけ、Markdown形式でできる範囲内で解決するようにしてください。

ただし、注釈・出典を貼るためにHTMLタグを利用します。

それ以外に本サイト内で使用しているHTMLタグは以下です:

  • アンカーを貼るために、<a id="アンカー名">対象文字列</a>のようなHTML5に基づく記法を利用している
  • 表内での改行のために、<br/>タグを利用している
  • 値の大きさを表現するために、上付き文字を表す<sup>タグを利用している
  • 添字を表現するために、下付き文字を表す<sub>タグを利用している

また、Markdownパーサーの制限を回避し、表内で | (縦線、vertical line) を使用するために、文字参照 | を使用してます。

新規リファレンスを書くにあたって、雛形ページを用意していますので、そちらをベースにして編集作業を行ってください。

また、リポジトリのトップディレクトリにGLOBAL_QUALIFY_LIST.txtというファイルがあります。サイト全体のコードブロックに対して適用したい識別子の修飾があれば、ここに列挙していきます。書き方は各雛形ページに書いてあるコードブロックの修飾と同じです。

初めての人は見ておいたほうがよいページ

  • 処理系 処理系の正式な定義があります
  • 進行状況 リファレンス作成の進行状況が確認できます
  • スタイル 作業を行う上でのスタイルの定義と、訳語があります

その他、cpprefjpを編集するにあたってのドキュメント

Pull Requestのレビューとマージ

push権限を持っている方は、Pull Requestのレビューとマージもぜひお願いします。

Pull Requestを送っていただいた方には、管理者から後ほどpush権限をお渡しします。権限の譲渡は管理者がする必要がありますが、レビューとマージは、ほかのpush権限保持者がしていただいてかまいません。

Pull Requestのレビューが滞っていた場合、Pull Requestの提出者の方は、cpprefjpのpush権限保持者に対して、個人的にレビューを依頼してもかまいません。push権限保持者がだれかは、以下のページから確認できます:

  • cpprefjp people
    • 権限保持者の確認に使用できます
  • cpprefjp contributors
    • 各人が本サイトにどれくらいコントリビュートしているかを確認できます

ただし可能な限り、レビュアーとの技術的な議論はPull Request上で行っていただけると助かります。これは、議論を記録として残すことが目的です。

Git関係のルール

  • コミットメッセージに厳密な書式は設けない
    • 人によっては「〜を修正」のように書き、またある人は「fix ...」のように書きます。コミットメッセージは修正内容がわかることが大事で、書式はそれほど重要ではないという考えです
    • また、本リポジトリが、英語の情報を元に日本語情報を提供する、という特性上、コミットメッセージが日本語と英語どちらであっても編集者が困ることはないはずですので、日本語か英語であれば、どちらで書いてもよいものとします
    • コミットメッセージの内容としては、とくに自分以外の人が書いた文章を編集する際には、コミットメッセージに「なぜそのように編集したのか」をできるだけ書いたほうがよいです。これは、経緯を振り返りやすくすることが目的です
  • 強制プッシュ
    • git push -fgit push --forceといったコマンドは、リポジトリの設定で、masterブランチに対してはできないようにしてあります。これは、masterブランチは壊してはならないという理由によるものです
    • masterブランチ以外には強制プッシュできますので、Pull Request用のトピックブランチのコミットを整理する、といった目的などで使用していただいて大丈夫です

求められる編集作業

誤字・脱字を修正する (難易度★)

本サイトは編集者が手入力で解説を書いているため、誤字・脱字はどうしても発生してしまいます。

誤字・脱字があったら、積極的に修正してください。

動作確認できたコンパイラバージョンを記載する (難易度★★)

本サイトのライブラリリファレンスでは、機能ごとに動作確認ができたコンパイラバージョンを記載しています。

各ページを書いた時点での動作確認できたコンパイラバージョンは記載していますが、その後の更新は十分に行えていません。

サンプルコードの下に以下のように動作確認できたコンパイラバージョンを記載する項目がありますので、「??」になっている項目がありましたら、動作確認して埋めていっていただきたいです。

## 処理系
### バージョン
- [Clang](/implementation.md#clang): ??
- [GCC](/implementation.md#gcc): 10
- [Visual C++](/implementation.md#visual_cpp): 2019 Update 1

バージョンの表記としては、とくにVisual C++は本サイト独自の表記法がありますので、以下のページを確認してください。

対応バージョンは、動作確認できたコンパイラのうち、最小のバージョンを知りたいので、記載されているものより古いコンパイラバージョンで動作確認ができた場合は、記載されているバージョンを修正してください。

動作確認の方法としては、対象ページのサンプルコードを、お手元のコンパイラでコンパイル・実行し、出力が記載されているものと一致しているかを確認してください。

ただし、「出力例」のように記載されている場合、プラットフォームごとに出力が異なる可能性があります。その場合は仕様と実装を確認していただく必要があるかもしれません。

動作確認は、Webブラウザ上で行える場合があります。オンラインコンパイラとして、以下のサービスの使用も検討してください。

関連項目を追加する (難易度★★★)

各ページには、「## 関連項目」という見出し以下に本サイト内の関連ページを記載できます。

読者が関連する情報を追いやすいように、関連ページへのリンク追加をお願いしたいです。

関連項目としては、以下のようなものを記載します:

  • 言語機能であれば、その機能への仕様変更・拡張など
  • ライブラリであれば、
    • 組み合わせて使うことが多いもの
    • 特定のデータ構造に特化した関数と、汎用の関数
    • その機能の代わりに使用を検討したほうがよいもの

関連項目を書く場所については、各雛形ページを参照してください。

サンプルコードを追加する (難易度★★★★)

本サイトは、すべての機能にひとつ以上のサンプルコードを付けることを大きな価値としています。

サンプルコードをひとつは (ほぼ) 必ず付けるようにしていますが、ユースケースをカバーできていない場合があります。

良質なサンプルコードを作ることはむずかしいですが、機能の有用性を説明する最小サンプルコードを書くことに慣れている方や挑戦したい方にお願いしたいです。

サンプルコードを追加する場合、以下の要件を満たすようお願いします:

  1. 既存サンプルコードとは異なるユースケースや、異なる観点を与えるものであること
  2. 標準の範囲内でその機能の有用性を説明しにくい場合を除き、プラットフォーム非依存であること
  3. 十分に小さいこと

新仕様に対応する (難易度★★★★★★)

C++の規格書を読み慣れている方向けになります。

C++の新仕様やCWG/LWGのissueへの対応作業が多く求められます。対応がまだ行われていない作業は、以下で確認できます。

C++の次のバージョンで入ることが決まった機能については、以下の方針で対応を行います。

  • 次のバージョンの言語機能・ライブラリ機能の解説は、随時許可する
  • ただし、Working Draftに採択された機能のみを対象とする。まだ提案中の機能は、本サイトでの解説の対象外とする
    • 例外は、機能テストマクロのようなコンパイラへの推奨機能
  • 採択された機能は、Wikiの各言語バージョンのページに記載されているが、されていなかったらC++ Standards Committee PapersのEditor's Reportで確認できる

優先度が低くなっている古くからある機能を記載する (難易度★★★★★★)

本サイトはなるべくすべての機能の解説を書くことを目標にしてはいますが、記載が追いついていないものがいくつかあります。

  • iostream系
  • C互換ライブラリ
  • ロケール

これらはタスクissueにもできていませんが、手が足りず作業できていません。