最終更新日時:
が更新

履歴 編集

<future>

future(C++11)

<future>ヘッダでは、並行プログラミングのためのデザインパターンのひとつであるFutureパターンに関するクラス・関数を提供する。

futureはデータの準備ができるまで待機してからデータを読み取る。
promiseはデータを書き込み、準備ができたことをfutureに通知する。
packaged_taskは関数の戻り値をデータの書き込みと見なし、関数終了時にfutureに通知する。さらにこのパターンを容易に扱うためのasync()関数を提供する。

名前 説明 対応バージョン
future_errc futureのエラー値(enum class) C++11
launch async()関数の実行ポリシー(enum class) C++11
future_status futureの状態値(enum class) C++11
is_error_code_enum future_errcをエラーコードとして扱うための特殊化(class template) C++11
make_error_code future_errcからerror_codeを生成する(function) C++11
make_error_condition future_errcからerror_conditionを生成する(function) C++11
future_category future_errcのためのエラーカテゴリを取得する(function) C++11
future_error futureのエラーに関する例外クラス(class) C++11
promise データを書き込み、データの準備ができたことを通知する(class template) C++11
future データの準備ができるまで待機し、データを読み取る(class template) C++11
shared_future 共有方式のfuture(class template) C++11
packaged_task 非同期タスクの管理(class template) C++11
async 処理の非同期実行(function template) C++11

バージョン

言語

  • C++11