最終更新日時:
が更新

履歴 編集

class template
<future>

std::is_error_code_enum(C++11)

namespace std {
  template <>
  struct is_error_code_enum<future_errc> : public true_type { };
}

概要

future_errcに対するis_error_code_enumの特殊化。

error_codeのコンストラクタにfuture_errcの列挙値を指定するために使用する。それによってmake_error_code()future_errcに対するオーバーロードが呼び出され、future_category()error_codeオブジェクトが生成される。

#include <iostream>
#include <future>
#include <string>

int main()
{
  std::error_code ec(std::future_errc::broken_promise);
      // 内部でstd::make_error_code(std::future_errc::broken_promise)が呼ばれる

  std::cout << ec.message() << std::endl;
}

出力例

Broken promise

バージョン

言語

  • C++11

処理系

参照