最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function
<future>

std::future_category(C++11)

namespace std {
  const error_category& future_category() noexcept;
}

概要

future_errcのためのエラーカテゴリを取得する。

戻り値

error_categoryクラスを継承したクラスオブジェクトへの参照を返す。

この関数を呼び出すことによって返されるオブジェクトは、同じオブジェクトを指す。

この関数によって返されるオブジェクトのクラスは以下の特徴を持つ:

例外

投げない

#include <iostream>
#include <future>
#include <string>

int main()
{
  const std::error_category& cat = std::future_category();

  std::cout << cat.name() << std::endl;
  std::cout << cat.message(static_cast<int>(std::future_errc::broken_promise)) << std::endl;
}

出力例

future
Broken promise

バージョン

言語

  • C++11

処理系

参照