最終更新日時:
が更新

履歴 編集

enum
<future>

std::future_errc(C++11)

namespace std {
  // C++11
  enum class future_errc {
    broken_promise,
    future_already_retrieved,
    promise_already_satisfied,
    no_state
  };

  // C++14
  enum class future_errc {
    broken_promise = implementation-defined,
    future_already_retrieved = implementation-defined,
    promise_already_satisfied = implementation-defined,
    no_state = implementation-defined
  };
}

概要

future操作に関するエラー値。

列挙値 説明 対応バージョン
broken_primise 共有状態の準備ができていない C++11
future_already_retrieved すでにpromiseオブジェクトからfutureオブジェクトを取り出している C++11
promise_already_satisfied promiseオブジェクトに、すでに値もしくは例外オブジェクトが設定されている C++11
no_state promiseオブジェクトが共有状態を持っていない C++11

それぞれの値は、非ゼロである(C++14以降)。

バージョン

言語

  • C++11

処理系

参照