最終更新日時:
が更新

履歴 編集

class template
<system_error>

std::is_error_code_enum(C++11)

namespace std {
  template <class T>
  struct is_error_code_enum : public false_type {};

  template <class T>
  constexpr bool is_error_code_enum_v = is_error_code_enum<T>::value; // C++17
}

概要

error_codeのエラー値として見なせる列挙型かどうかを判定する。

is_error_code_enumはデフォルトではfalse_typeを継承し、is_error_code_enum<T>::valuefalseとなる。

is_error_code_enum<T>::value == trueであることを要求する関数(error_codeコンストラクタ、および、代入演算子)にユーザー定義の列挙型を渡したい場合は、is_error_code_enumクラスを特殊化し、true_typeを継承するよう特殊化する必要がある。

標準では、io_errc列挙型とfuture_errc列挙型に対するtrue_typeの特殊化を提供する。

#include <system_error>
#include <ios>
#include <future>

enum class user_defined_error {
  success = 0,
  error = 1,
};

int main()
{
  static_assert(std::is_error_code_enum<std::io_errc>::value, "");
  static_assert(std::is_error_code_enum<std::future_errc>::value, "");
  static_assert(!std::is_error_code_enum<user_defined_error>::value, "");
}

出力

バージョン

言語

  • C++11

処理系

  • Clang: 3.0, 3.1, 3.2, 3.3, 3.4, 3.5.0, 3.6.0, 3.7.0, 3.8.0
  • GCC:
  • GCC, C++11 mode: 4.4.7, 4.5.4, 4.6.4, 4.7.0, 4.7.3, 4.8.2, 4.9.0, 4.9.1, 4.9.2, 5.1.0, 5.2.0, 6.0.0
  • ICC: ??
  • Visual C++:

備考

GCC では、4.4 から is_error_code_enum が提供されているものの、future_errc は 4.5 から、io_errc は 5.1 からのサポートである。

関連項目

参照