最終更新日時:
が更新

履歴 編集

class template
<future>

std::packaged_task(C++11)

namespace std {
  template <class> class packaged_task; // 宣言のみで定義なし

  template <class R, class... ArgTypes>
  class packaged_task<R(ArgTypes...)>;
}

概要

packaged_taskは、「別スレッドでの処理完了を待ち、その処理結果を取得する」といった非同期処理を実現するためのクラスであり、futureクラスと組み合わせて使用する。packaged_taskに登録した非同期実行する関数の戻り値をfutureが読み取る。

packaged_taskfutureは内部的に同一の共有状態を参照する。

テンプレートパラメータ:

  • R(ArgTypes...) : 非同期実行する関数のシグニチャ。Rが戻り値の型、ArgTypes...が引数の型

メンバ関数

名前 説明 対応バージョン
(constructor) コンストラクタ C++11
(destructor) デストラクタ C++11
operator= 代入演算子 C++11
swap 他のpackaged_taskオブジェクトと値を入れ替える C++11
valid 共有状態を持っているかを確認する C++11
reset 共有状態を作り直す C++11

結果の取得

名前 説明 対応バージョン
get_future 結果取得のためのfutureオブジェクトを取得する C++11

実行

名前 説明 対応バージョン
operator() タスクを実行し、戻り値を共有状態に格納する C++11
make_ready_at_thread_exit タスクを実行し、スレッド終了時に準備完了状態にする C++11

非メンバ関数

名前 説明 対応バージョン
swap 2つのpackaged_taskオブジェクトを入れ替える C++11

その他

名前 説明 対応バージョン
uses_allocator packaged_taskによる特殊化 C++11

#include <iostream>
#include <thread>
#include <future>
#include <utility>

int calc()
{
  int sum = 0;
  for (int i = 0; i < 10; ++i) {
    sum += i + 1;
  }
  return sum;
}

int main()
{
  std::packaged_task<int()> task(calc); // 非同期実行する関数を登録する
  std::future<int> f = task.get_future();

  // 別スレッドで計算を行う
  std::thread t(std::move(task));
  t.detach();

  try {
    // 非同期処理の結果値を取得する
    std::cout << f.get() << std::endl;
  }
  catch (...) {
    // 非同期実行している関数内で投げられた例外を補足
  }
}

出力

55

バージョン

言語

  • C++11

処理系

参照