最終更新日時:
が更新

履歴 編集

enum
<future>

std::launch(C++11)

namespace std {
  enum class launch : unspecified {
    async = unspecified,
    deferred = unspecified,
    implementation-defined
  };
}

概要

async()関数に指定する実行ポリシーを表す、ビットマスクの列挙型。

列挙値の基底型は未規定。

列挙値 説明 対応バージョン
async 関数を別スレッドで非同期実行する。値は未規定。 C++11
deferred futureから値を取り出すタイミングまで関数の評価を遅延させる。値は未規定。 C++11
実装定義の列挙値 実装による拡張実行ポリシーを許可する C++11

バージョン

言語

  • C++11

処理系

参照