最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

class template
<format>

std::basic_format_context(C++20)

namespace std {
  template<class Out, class charT>
  class basic_format_context; // (1)

  using format_context = basic_format_context<unspecified, char>; // (2)
  using wformat_context = basic_format_context<unspecified, wchar_t>; // (3)
}

概要

実際に渡されたフォーマット引数を含む、フォーマット実行中の状態を保持するクラス。

  • (2): マルチバイト文字列版 (出力イテレーターの型は未規定)
  • (3): ワイド文字列版 (出力イテレーターの型は未規定)

(2)および(3)では、出力イテレーターは文字列へ文字を追加するback_insert_iteratorのようなイテレーターが使われる。

テンプレートパラメータ制約

OutOutputIterator<const charT&>であること。

メンバ関数

名前 説明 対応バージョン
arg フォーマット引数を得る C++20
out 出力イテレーターを得る C++20
advance_to 出力イテレーターを指定したイテレーターに設定する C++20
locale ロケールを得る C++20

メンバ型

名前 説明 対応バージョン
iterator 出力イテレーター(Outと等しい) (type-alias) C++20
char_type 文字の型(charTと等しい) (type-alias) C++20
formatter_type Tに対応するフォーマッターの型 (alias-template) C++20

実装例

namespace std {
  template<class Out, class charT>
  class basic_format_context {
    basic_format_args<basic_format_context> args_;
    Out out_;

  public:
    using iterator = Out;
    using char_type = charT;
    template<class T> using formatter_type = formatter<T, charT>;

    basic_format_arg<basic_format_context> arg(size_t id) const
    {
      return args_.get(id);
    }

    std::locale locale();

    iterator out();
    {
      return out_;
    }

    void advance_to(iterator it)
    {
      out_ = it;
    }
  };

バージョン

言語

  • C++20

処理系

参照