最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

function template
<print>

std::println(C++23)

namespace std {
  template <class... Args>
  void println(format_string<Args...> fmt,
               Args&&... args);             // (1) C++23

  template <class... Args>
  void println(FILE* stream,
               format_string<Args...> fmt,
               Args&&... args);             // (2) C++23
}

概要

書式指定で出力する。この関数は、出力の末尾に改行コードが自動で付加される。

書式はstd::format()関数のページを参照。

この関数は、std::printf()関数ライクな書式指定で引数を文字列化して出力する。

  • (1) : 標準出力に、書式指定で出力する
  • (2) : 指定されたFILEに、書式指定で出力する

この関数は、末尾に改行コードが付くことに注意。改行コードが不要な場合は、std::print()関数を使用すること。

std::ostreamから派生したクラスオブジェクトに対して出力したい場合は、<ostream>ヘッダのstd::print()関数を使用すること。

効果

基本的な使い方

#include <print>

int main()
{
  std::println("Hello {} World", 42);

  // 出力先を指定
  std::println(stdout, "Hello {} World", 42); // 標準出力に出力
  std::println(stderr, "Hello {} World", 42); // 標準エラーに出力
}

出力

Hello 42 World
Hello 42 World
Hello 42 World

モジュールをインポートする例

import std;
#include <cstdio>

int main()
{
  std::println("Hello {} World", 42);

  // stdout / stderrはマクロとして定義される。
  // モジュールはマクロをエクスポートしないので、
  // stdout / stderrを使用する場合は<cstdio>をインクルードする必要がある
  std::println(stdout, "Hello {} World", 42);
}

出力

Hello 42 World
Hello 42 World

実行時の書式文字列を使用する (C++26)

#include <print>

int main()
{
  std::string fmt = "{}";
  std::println(std::runtime_format(fmt), "Hello");
}

出力

Hello

バージョン

言語

  • C++23

処理系

関連項目

参照