最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

function
<chrono>

std::chrono::utc_clock::from_sys(C++20)

template<class Duration>
static utc_time<common_type_t<Duration, seconds>>
  from_sys(const sys_time<Duration>& t);

概要

システム時間からUTC時間に変換する。

戻り値

システム時間tにエポックからのうるう秒を加算することで、UTC時間に変換して返す。

変換元と変換先の時間単位は同じとなる。

#include <iostream>
#include <chrono>

using namespace std::chrono;

int main()
{
  // ここでは日付 (sys_days) から日付 (日単位のutc_time) に変換しているが、
  // 日時 (sys_seconds) を渡せば日時 (utc_seconds) が返る。
  // system_clock::time_pointを渡せば、それと同じ時間単位のutc_clockのtime_pointが返る
  auto t = sys_days{July/1/2015};
  auto u = utc_clock::from_sys(t); // 日単位のUTC時間が返る

  auto leap_seconds = duration_cast<seconds>(u.time_since_epoch() - t.time_since_epoch());

  std::cout << t << std::endl;
  std::cout << u << std::endl;
  std::cout << leap_seconds << std::endl;
}

出力

2015-01-01
2015-01-01 00:00:00 UTC
26

バージョン

言語

  • C++20

処理系

  • Clang: (9.0時点で実装なし)
  • GCC: (9.2時点で実装なし)
  • Visual C++: (2019 Update 3時点で実装なし)