最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

function
<chrono>

std::chrono::zoned_time::コンストラクタ(C++20)

zoned_time();                                                           // (1) C++20
zoned_time(const zoned_time&) = default;                                // (2) C++20

zoned_time(const sys_time<Duration>& st);                               // (3) C++20

explicit zoned_time(TimeZonePtr z);                                     // (4) C++20
explicit zoned_time(string_view name);                                  // (5) C++20

template <class Duration2>
zoned_time(const zoned_time<Duration2, TimeZonePtr>& zt) noexcept;      // (6) C++20

zoned_time(TimeZonePtr z, const sys_time<Duration>& st);                // (7) C++20
zoned_time(string_view name, const sys_time<Duration>& st);             // (8) C++20

zoned_time(TimeZonePtr z, const local_time<Duration>& tp);              // (9) C++20
zoned_time(string_view name, const local_time<Duration>& tp);           // (10) C++20
zoned_time(TimeZonePtr z, const local_time<Duration>& tp, choose c);    // (11) C++20
zoned_time(string_view name, const local_time<Duration>& tp, choose c); // (12) C++20

template <class Duration2, class TimeZonePtr2>
zoned_time(TimeZonePtr z,
           const zoned_time<Duration2, TimeZonePtr2>& zt);              // (13) C++20

template <class Duration2, class TimeZonePtr2>
zoned_time(TimeZonePtr z,
           const zoned_time<Duration2, TimeZonePtr2>& zt,
           choose c);                                                   // (14) C++20

zoned_time(string_view name, const zoned_time<Duration>& zt);           // (15) C++20
zoned_time(string_view name, const zoned_time<Duration>& zt, choose c); // (16) C++20

概要

  • (1) : デフォルトコンストラクタ。デフォルト構築したシステム時間とデフォルトのタイムゾーン (UTC) を保持する
  • (2) : コピーコンストラクタ
  • (3) : システム時間とデフォルトのタイムゾーン (UTC) を保持する
  • (4) : 指定したタイムゾーンを参照する
  • (5) : 指定した名前のタイムゾーンを参照する
  • (6) : 異なる時間間隔をもつzoned_timeから変換する
  • (7) : タイムゾーンとシステム時間を保持する
  • (8) : 指定した名前のタイムゾーンとシステム時間を保持する
  • (9) : タイムゾーンと、ローカル時間をシステム時間に変換して保持する
  • (10) : 指定した名前のタイムゾーンと、ローカル時間をシステム時間に変換して保持する
  • (11) : タイムゾーンと、ローカル時間をシステム時間に変換して保持する。変換時の丸め方向は指定したものを使用する
  • (12) : 指定した名前のタイムゾーンと、ローカル時間をシステム時間に変換して保持する。変換時の丸め方向は指定したものを使用する
  • (13) : タイムゾーンzztがもつsys_time型の時間点を保持する
  • (14) : (13)と等価。丸めオプションは使われない
  • (15) : 指定した名前のタイムゾーンと、ztがもつsys_time型の時間点を保持する
  • (16) : (15)と等価。丸めオプションは使われない

テンプレートパラメータ制約

  • (1), (3) :
    • traits::default_zone()が妥当であること
  • (5) :
    • traits::locate_zone(string_view{})が有効であること
    • その戻り値を引数にしてzoned_timeオブジェクトが構築可能であること
  • (6), (13), (14) :
  • (8), (10) :
    • traits::locate_zone(name)tpを引数にしてzoned_timeオブジェクトが構築可能であること
  • (9) :
    • decltype(declval<TimeZonePtr&>()->to_sys(local_time<Duration>{}))sys_time<duration>に変換可能であること
  • (11) :
  • (12) :
    • traits::locate_zone(name)tpcを引数にしてzoned_timeオブジェクトが構築可能であること
  • (15) :
    • traits::locate_zone(name)ztを引数にしてzoned_timeオブジェクトが構築可能であること
  • (16) :
    • traits::locate_zone(name)ztcを引数にしてzoned_timeオブジェクトが構築可能であること

事前条件

  • (4), (7), (9), (11), (13), (14) : zが有効なタイムゾーンを参照していること

効果

  • (1) : traits::default_zone()によって得られたタイムゾーンオブジェクトへのポインタと、デフォルト構築したsys_time<Duration>オブジェクトをメンバ変数として保持する
  • (3) : traits::default_zone()によって得られたtime_zoneオブジェクトへのポインタとstを、メンバ変数として保持する
  • (4) : std::move(z)をタイムゾーンオブジェクトへのポインタとして、メンバ変数に保持する
  • (5) : traits::locate_zone(name)と、デフォルト構築したsys_time<Duration>オブジェクトをメンバ変数として保持する
  • (6) : ztがもつタイムゾーンオブジェクトへのポインタと時間点をメンバ変数として保持する
  • (7) : タイムゾーンオブジェクトへのポインタstd::move(z)、および時間点stをメンバ変数に保持する
  • (8) : タイムゾーンオブジェクトへのポインタtraits::locate_zone(name)、および時間点stをメンバ変数として保持する
  • (9) : タイムゾーンオブジェクトへのポインタstd::move(z)、および時間点zone->to_sys(tp)をメンバ変数に保持する
  • (10) : 式{traits::locate_zone(name), tp}で(9)を呼び出すことと等価
  • (11) : タイムゾーンオブジェクトへのポインタstd::move(z)、および時間点zone->to_sys(tp, c)をメンバ変数に保持する
  • (12) : 式{traits::locate_zone(name), tp, c}で(11)を呼び出すことと等価
  • (13) : タイムゾーンオブジェクトへのポインタstd::move(z)、およびztがもつ時間点をメンバ変数に保持する
  • (14) : 式{z, zt}で(13)を呼び出すことと等価。cは使われない
  • (15) : 式{traits::locate_zone(name), zt}で(13)を呼び出すことと等価
  • (16) : 式{traits::locate_zone(name), zt, c}で(14)を呼び出すことと等価

備考

  • local_time型のローカル時間を受け取るコンストラクタでは、sys_time型のシステム時間への変換が行われ、システム時間としてメンバ変数に保持される
  • (9), (10) : ローカル時間からシステム時間への変換があいまいになる場合、早い時間側の候補に変換される

#include <iostream>
#include <chrono>

namespace chrono = std::chrono;

int main()
{
  auto now = chrono::system_clock::now();
  auto now_sec = chrono::floor<chrono::seconds>(now);
  chrono::local_time local_now{now.time_since_epoch()};
  chrono::local_time local_jst_now = local_now - chrono::hours{9};

  // デフォルト構築
  chrono::zoned_time<chrono::seconds> zt1{};
  assert(zt.get_time_zone() == chrono::locate_zone("UTC"));

  // コピー構築
  chrono::zoned_time zt2 = zt1;
  assert(zt1.get_time_zone() == zt2.get_time_zone());
  assert(zt1.get_sys_time() == zt2.get_sys_time());

  // デフォルトのタイムゾーン (UTC) とシステム時間から構築
  chrono::zoned_time zt3{now};
  assert(zt3.get_time_zone() == chrono::locate_zone("UTC"));
  assert(zt3.get_sys_time() == now);
  assert(zt3.get_local_time() == local_now);
  std::cout << "(3) : " << zt3 << std::endl;

  // タイムゾーンのみ指定して構築。時間はあとで代入できる
  chrono::zoned_time<chrono::seconds> zt4{chrono::locate_zone("Asia/Tokyo")};
  chrono::zoned_time<chrono::seconds> zt5{"Asia/Tokyo"};
  assert(zt4.get_time_zone() == zt5.get_time_zone());
  zt4 = now_sec;
  assert(zt4.get_sys_time() == now_sec);

  // 時間間隔の単位を変換 (精度を損なわない変換のみ)
  chrono::zoned_time<chrono::seconds> zt6_sec{"Asia/Tokyo", now_sec};
  chrono::zoned_time<chrono::milliseconds> zt6_ms = zt6_sec;
  assert(zt6_ms.get_time_zone() == zt6_sec.get_time_zone());
  assert(chrono::floor<chrono::seconds>(zt6_ms.get_sys_time()) == zt6_sec.get_sys_time());

  // タイムゾーンとシステム時間を指定して構築
  chrono::zoned_time zt7{chrono::locate_zone("Asia/Tokyo"), now};
  chrono::zoned_time zt8{"Asia/Tokyo", now};
  assert(zt7.get_time_zone() == chrono::locate_zone("Asia/Tokyo"));
  assert(zt8.get_time_zone() == chrono::locate_zone("Asia/Tokyo"));
  assert(zt7.get_sys_time() == now);
  assert(zt8.get_sys_time() == now);
  assert(zt7.get_local_time() == local_jst_now);
  assert(zt8.get_local_time() == local_jst_now);
  std::cout << "(7) : " << zt7 << std::endl;
  std::cout << "(8) : " << zt8 << std::endl;

  // タイムゾーンとローカル時間を指定して構築
  chrono::zoned_time zt9{chrono::locate_zone("Asia/Tokyo"), local_jst_now};
  chrono::zoned_time zt10{"Asia/Tokyo", local_jst_now};
  assert(zt9.get_time_zone() == chrono::locate_zone("Asia/Tokyo"));
  assert(zt10.get_time_zone() == chrono::locate_zone("Asia/Tokyo"));
  assert(zt9.get_sys_time() == now);
  assert(zt10.get_sys_time() == now);
  assert(zt9.get_local_time() == local_jst_now);
  assert(zt10.get_local_time() == local_jst_now);
  std::cout << "(9) : " << zt9 << std::endl;
  std::cout << "(10) : " << zt10 << std::endl;
}

出力例

(3) : 2020-01-21 05:10:15.330140 UTC
(7) : 2020-01-21 14:10:15.330140 JST
(8) : 2020-01-21 14:10:15.330140 JST
(9) : 2020-01-21 14:10:15.330140 JST
(10) : 2020-01-21 14:10:15.330140 JST

バージョン

言語

  • C++20

処理系

  • Clang: (9.0時点で実装なし)
  • GCC: (9.2時点で実装なし)
  • Visual C++: (2019 Update 3時点で実装なし)