最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

function
<chrono>

std::chrono::year_month_day::コンストラクタ(C++20)

year_month_day() = default;                                         // (1) C++20

constexpr year_month_day(
  const chrono::year& y,
  const chrono::month& m,
  const chrono::day& d
  ) noexcept;                                                       // (2) C++20

constexpr year_month_day(const year_month_day_last& ymdl) noexcept; // (3) C++20
constexpr year_month_day(const sys_days& dp) noexcept;              // (4) C++20
constexpr explicit year_month_day(const local_days& dp) noexcept;   // (5) C++20

year_month_day(const year_month_day&) = default;                    // (6) C++20
year_month_day(year_month_day&&) = default;                         // (7) C++20

概要

  • (1) : デフォルトコンストラクタ
  • (2) : 年、月、日の値をそれぞれ指定して構築する
  • (3) : year_month_day_lastオブジェクトから変換し、日の値を求めて構築する
  • (4) : 日単位のシステム時間から変換して構築
  • (5) : 日単位のローカル時間から変換して構築
  • (6) : コピーコンストラクタ
  • (7) : ムーブコンストラクタ

効果

  • (1) :
    • デフォルト初期化では、年、月、日の値がそれぞれ符号なし整数の未初期化値となり、値初期化では値0となる
  • (2) :
    • ymdをメンバ変数として保持する
  • (3) :
    • 年のメンバ変数としてymdl.year()の値、月のメンバ変数としてymdl.month()の値、日のメンバ変数としてymdl.day()の値を保持する
  • (4) : dpが指すシステム時間に対応する年、月、日の値を求めて構築する
  • (5) : dpが指すシステム時間に対応する年、月、日の値を求めて構築する

例外

投げない

備考

  • (3) : year_month_day_lastからsys_daysに一旦変換し、そこからyear_month_dayへ変換した方がより効率がよい可能性がある
  • (4) : year_month_day型オブジェクトymdにおいてymd.ok()である場合、ymd == year_month_day{sys_days{ymd}}は常にtrueとなる
  • (5) : sys_days{dp.time_since_epoch()}からの構築と等価

#include <cassert>
#include <chrono>

namespace chrono = std::chrono;
using namespace std::chrono_literals;

int main()
{
  // 年、月、日のカレンダー要素を順に指定して構築
  chrono::year_month_day date1{2020y, chrono::March, 1d};
  chrono::year_month_day date2{chrono::year{2020}, chrono::month{3}, chrono::day{1}};
  assert(date1 == 2020y/3/1);
  assert(date2 == 2020y/3/1);

  // 年、月、月の最終日から構築
  chrono::year_month_day date3 = 2020y/2/chrono::last; // 2020年2月の最終日
  assert(date3 == 2020y/2/29);

  // システム時間から変換
  auto tp = chrono::system_clock::now();
  chrono::sys_days dp = chrono::time_point_cast<chrono::days>(tp);
  chrono::year_month_day date4 {dp};
  std::cout << date4 << std::endl;

  // ローカル時間から変換
  chrono::local_days lp {dp.time_since_epoch()};
  chrono::year_month_day date5 {lp};
  std::cout << date5 << std::endl;
}

出力例

2019-12-19
2019-12-19

バージョン

言語

  • C++20

処理系

  • Clang: 8.0
  • GCC: (9.2時点で実装なし)
  • Visual C++: (2019 Update 3時点で実装なし)