最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function
<chrono>

std::chrono::duration::operator-=(C++11)

duration& operator-=(const duration& d);

概要

現在の値から、他のdurationの値を引く

効果

rep_ -= d.count()

戻り値

*this

#include <iostream>
#include <chrono>

using std::chrono::duration;
using std::micro;

int main()
{
  duration<int, micro> d1(3);
  duration<int, micro> d2(2);

  d1 -= d2;

  std::cout << d1.count() << std::endl;
}

出力

1

バージョン

言語

  • C++11

処理系