最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

function
<chrono>

std::chrono::weekday_indexed::コンストラクタ(C++20)

weekday_indexed() = default;                            // (1) C++20
constexpr weekday_indexed(const chrono::weekday& wd,
                          unsigned int index) noexcept; // (2) C++20

weekday_indexed(const weekday_indexed&) = default;      // (3) C++20
weekday_indexed(weekday_indexed&&) = default;           // (4) C++20

概要

  • (1) : デフォルトコンストラクタ
  • (2) : 曜日とインデックスを指定してweekday_indexedオブジェクトを構築する
  • (3) : コピーコンストラクタ
  • (4) : ムーブコンストラクタ

効果

  • (1) :
    • デフォルト初期化では曜日とインデックスは符号なし整数の未初期化値となり、値初期化では値0となる
  • (2) :
    • wdindexをメンバ変数として保持する
    • !wd.ok()もしくはindexの値範囲が[0, 7]に含まれなければ、それぞれの保持される値は未規定

例外

投げない

#include <cassert>
#include <chrono>

namespace chrono = std::chrono;

int main() {
  chrono::weekday_indexed wi{chrono::Sunday, 1};
  assert(wi.weekday() == chrono::Sunday);
  assert(wi.index() == 1);
}

出力

バージョン

言語

  • C++20

処理系

  • Clang: 8.0
  • GCC: (9.2時点で実装なし)
  • Visual C++: (2019 Update 3時点で実装なし)