最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

class
<chrono>

std::chrono::leap_second(C++20)

namespace std::chrono {
  class leap_second;
}

概要

leap_secondは、うるう秒が挿入された日を、UTCタイムゾーンの秒単位で表す型である。

get_tzdb()で取得したtzdbクラスのオブジェクトに、これまでに挿入されたうるう秒のリストleap_secondsがメンバ変数として含まれている。

メンバ関数

構築/コピー/破棄

名前 説明 対応バージョン
leap_second(const leap_second&) = default;
その他未規定の追加コンストラクタがある
コンストラクタ C++20
leap_second& operator=(const leap_second&) = default; 代入演算子 C++20

観測

名前 説明 対応バージョン
date うるう秒が挿入された日時を秒単位のシステム時間として取得する C++20

非メンバ関数

比較演算

名前 説明 対応バージョン
operator== 等値比較を行う C++20
bool operator!=(const leap_second&, const leap_second&) noexcept;
template <class Duration>
bool operator!=(const leap&, const sys_time<Duration>);
非等値比較を行う (==により使用可能) C++20
operator<=> 三方比較を行う C++20
operator< 左辺が右辺より小さいかを判定する C++20
operator<= 左辺が右辺以下を判定する C++20
operator> 左辺が右辺より大きいかを判定する C++20
operator>= 左辺が右辺以上を判定する C++20

#include <iostream>
#include <chrono>

namespace chrono = std::chrono;
using namespace std::chrono_literals;

int main()
{
  // 2018年3月17日までにうるう秒が挿入された日を列挙する
  for (const chrono::leap_second& date : chrono::get_tzdb().leap_seconds) {
    if (date <= 2018y/3/17)
      std::cout << date.date() << std::endl;
  }
}

出力

1972-07-01 00:00:00
1973-01-01 00:00:00
1974-01-01 00:00:00
1975-01-01 00:00:00
1976-01-01 00:00:00
1977-01-01 00:00:00
1978-01-01 00:00:00
1979-01-01 00:00:00
1980-01-01 00:00:00
1981-07-01 00:00:00
1982-07-01 00:00:00
1983-07-01 00:00:00
1985-07-01 00:00:00
1988-01-01 00:00:00
1990-01-01 00:00:00
1991-01-01 00:00:00
1992-07-01 00:00:00
1993-07-01 00:00:00
1994-07-01 00:00:00
1996-01-01 00:00:00
1997-07-01 00:00:00
1999-01-01 00:00:00
2006-01-01 00:00:00
2009-01-01 00:00:00
2012-07-01 00:00:00
2015-07-01 00:00:00
2017-01-01 00:00:00

バージョン

言語

  • C++20

処理系

  • Clang: (9.0時点で実装なし)
  • GCC: (9.2時点で実装なし)
  • Visual C++: (2019 Update 3時点で実装なし)

参照

  • 閏秒 - Wikipedia
  • IANAのうるう秒リスト
    • 各うるう秒は、1900年1月1日UTCからの経過秒として定義される (UNIX時間の1970年1月1日からの経過秒ではない)
  • P1981R0 Rename leap to leap_second
    • C++20の策定中、National Body Commentとしてleapというクラス名は一般的すぎて説明的ではないと指摘があり、leap_secondに名称変更された