最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

function
<chrono>

std::chrono::operator<<(C++20)

namespace std::chrono {
  template <class charT, class traits>
  std::basic_ostream<charT, traits>&
    operator<<(std::basic_ostream<charT, traits>& os, const sys_info& si); // (1) C++20
}

概要

sys_infoオブジェクトを出力ストリームに出力する。

効果

siを未規定のフォーマットでosに出力する

戻り値

return os;

#include <iostream>
#include <chrono>

namespace chrono = std::chrono;

int main()
{
  auto now = chrono::system_clock::now();

  // 日本のタイムゾーン
  const chrono::time_zone* tz = chrono::locate_zone("Asia/Tokyo");
  chrono::sys_info si = tz->get_info(now);

  std::cout << si << std::endl; // タイムゾーン情報全体を出力
}

出力例

(未検証)

バージョン

言語

  • C++20

処理系

  • Clang: (9.0時点で実装なし)
  • GCC: (9.2時点で実装なし)
  • Visual C++: (2019 Update 3時点で実装なし)