最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

macro
<climits>

CHAR_MAX

# define CHAR_MAX implementation-defined

概要

char型が表現できる値の最大値。

値は std::numeric_limits<char>::max() と等しいが、型が異なり、また CHAR_MAX#if などのプリプロセッサディレクティブで使用できる。

具体的な値は実装依存であるが、char が符号付きであれば SCHAR_MAX と同じ、符号無しであれば UCHAR_MAX と同じである。このマクロによって定義される値の型は、 char の全ての値が int で表すことができれば int、そうでなければ unsigned int である。

#include <climits>
#include <iostream>

int main()
{
  std::cout << CHAR_MAX << '\n';
}

出力例

127

バージョン

言語

  • C++03
  • C++11

処理系

  • Clang: 3.0, 3.1, 3.2, 3.3, 3.4
  • GCC: 4.3.6, 4.4.7, 4.5.3, 4.5.4, 4.6.4, 4.7.3, 4.8.1, 4.8.2, 4.9.0
  • GCC, C++11 mode: 4.3.6, 4.4.7, 4.5.3, 4.5.4, 4.6.4, 4.7.3, 4.8.1, 4.8.2, 4.9.0
  • ICC: ??
  • Visual C++: 7.1, 8.0, 9.0, 10.0