最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function
<cmath>

std::abs

namespace std {
  float abs(float x);
  double abs(double x);
  long double abs(long double x);

  double abs(Integral x);     // C++11 から C++14 まで

  int abs(int x);             // C++17 から
  long abs(long int x);       // C++17 から
  long long abs(long long x); // C++17 から
}

概要

浮動小数点数型の絶対値を求める。abs は absolute value(絶対値)の略。

戻り値

引数 x の絶対値を返す。

x±∞ だった場合 +∞ を返す。

備考

  • $$ f(x) = | x | $$
  • 任意の整数型に対するオーバーロードが C++11 で追加されたが、ある種の問題を引き起こすことから、今後削除される可能性がある。Validity and return type of std::abs(0u) is unclear 参照。

#include <cmath>
#include <iostream>

int main() {
  std::cout << std::fixed;
  std::cout << "abs(1.5)  = " << std::abs(1.5) << std::endl;
  std::cout << "abs(-1.5) = " << std::abs(-1.5) << std::endl;
}

出力

abs(1.5)  = 1.500000
abs(-1.5) = 1.500000

備考

特定の環境で constexpr 指定されている場合がある。(独自拡張)

  • GCC 4.6.1 以上

実装例

namespace std {
  constexpr float abs(float x) {
    return x < 0 ? -x : x;
  }

  constexpr double abs(double x) {
    return x < 0 ? -x : x;
  }

  constexpr long double abs(long double x) {
    return x < 0 ? -x : x;
  }
}