最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

function
<cmath>

std::nextafter(C++11)

namespace std {
  float nextafter(float x, float y);
  double nextafter(double x, double y);
  long double nextafter(long double x, long double y);

  Promoted nextafter(Arithmetic1 x, Arithmetic2 y);

  float nextafterf(float x, float y);                   // C++17 から
  long double nextafterl(long double x, long double y); // C++17 から
}

概要

指定方向への次の表現可能な値を取得する。

この関数は、パラメータxの値をパラメータyの値の方向に対して、その環境で表現可能な最小の値だけ進める。

戻り値

パラメータxの値をパラメータxの方向に、表現可能な最小の値だけ進めた値を返す。

xyが等値である場合、yを返す。

進めた結果が無限大、もしくは表現できない場合、値域エラーとなる。

#include <iostream>
#include <cmath>

int main()
{
  float result1 = std::nextafter(0.0f, 1.0f);
  std::cout << result1 << std::endl;

  float result2 = std::nextafter(0.0f, -1.0f);
  std::cout << result2 << std::endl;
}

出力例

1.4013e-45
-1.4013e-45

備考

特定の環境で constexpr 指定されている場合がある。(独自拡張)

  • GCC 4.6.1 以上

バージョン

言語

  • C++11

処理系