最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

function
<filesystem>

std::filesystem::path::assign(C++17)

path& assign(string_type&& source);                    // (1)

template <class Source>
path& assign(const Source& source);                    // (2)

template <class InputIterator>
path& assign(InputIterator first, InputIterator last); // (3)

概要

  • (1) : 内部表現としての文字列オブジェクトを代入する
  • (2) : あらゆる文字型・文字コードの文字配列、文字列オブジェクトを代入する
  • (3) : あらゆる文字型・文字コードの文字範囲を代入する

要件

  • 文字型charwchar_tchar16_tchar32_tEcharTとして、
  • (2) : Source型は、以下の要件を満たすこと
    • std::basic_string<EcharT, traits, Allocator>`
    • std::basic_string_view<EcharT, traits>
    • ECharT型を要素とする文字配列と、文字配列へのポインタ
    • これらの要件を満たさない場合、この関数はオーバーロード解決の候補から除外される
    • sourceはヌルポインタであってはならない
  • (3) : InputIteratorが指す値型はEcharTであること

効果

  • (1) : sourceのパスフォーマットを検出して内部用に変換し、*thisにムーブ代入する。この関数を呼び出したあと、sourceは「有効だが未規定の状態」となる
  • (2) : sourceのパスフォーマットを検出して内部用に変換し、*thisにそのパスのコピーを保持する
  • (3) : 範囲[first, last)path source{first, last};として、sourceのパスフォーマットを検出して内部用に変換し、*thisにそのパスのコピーを保持する

戻り値

*this

#include <cassert>
#include <filesystem>

namespace fs = std::filesystem;

int main()
{
  // (1)
  // 内部表現形式のbasic_stringを代入。
  // この文字列は、システムのファイルシステムが規定する文字コードを持つこと。
  // POSIXではstd::string、Windowsではstd::wstring
  // ここではPOSIX環境であるとしてstd::stringを使用する
  {
    std::string raw_path = "a/b/c";

    fs::path p;
    p.assign(std::move(raw_path));
    assert(p.generic_string() == "a/b/c");
  }

  // (2)
  // 文字コード規定の文字配列、文字列オブジェクトを代入。
  // Windows環境では、この方法ではUTF-8文字列を代入してはならない
  // (std::filesystem::u8path()関数で変換したパスを代入すること)
  {
    fs::path p1;
    p1.assign("a/b/c"); // システムのマルチバイト文字コードの文字配列を代入

    fs::path p2;
    p2.assign(L"a/b/c"); // システムのワイド文字コードの文字配列を代入

    fs::path p3;
    p3.assign(u"a/b/c"); // UTF-16エンコーディングの文字配列を代入

    fs::path p4;
    p4.assign(U"a/b/c"); // UTF-32エンコーディングの文字配列を代入

    std::string p5_base = "a/b/c";
    fs::path p5;
    p5.assign(p5_base); // システムのマルチバイト文字コードのstringオブジェクトを代入

    std::wstring p6_base = L"a/b/c";
    fs::path p6;
    p6.assign(p6_base); // システムのワイド文字コードのwstringオブジェクトを代入

    std::u16string p7_base = u"a/b/c";
    fs::path p7;
    p7.assign(p7_base); // u16stringオブジェクトを代入

    std::u32string p8_base = U"a/b/c";
    fs::path p8;
    p8.assign(p8_base); // u32stringオブジェクトを代入

    std::string_view p9_base = "a/b/c";
    fs::path p9;
    p9.assign(p9_base); // システムのマルチバイト文字コードの文字列を参照するstring_viewオブジェクトを代入

    std::wstring_view p10_base = L"a/b/c";
    fs::path p10;
    p10.assign(p10_base); // システムのワイド文字コードの文字列を参照するwstring_viewオブジェクトを代入

    std::u16string_view p11_base = u"a/b/c";
    fs::path p11;
    p11.assign(p11_base); // UTF-16エンコーディングの文字列を参照するu16string_viewオブジェクトを代入

    std::u32string_view p12_base = U"a/b/c";
    fs::path p12;
    p12.assign(p12_base); // UTF-32エンコーディングの文字列を参照するu32string_viewオブジェクトを代入
  }

  // (3)
  // 文字範囲を代入
  {
    // システムのマルチバイト文字コードの文字範囲を代入
    std::string p1_base = "a/b/c";
    fs::path p1;
    p1.assign(p1_base.begin(), p1_base.end());

    const char* p2_base = "a/b/c";
    fs::path p2;
    p2.assign(p2_base, p2_base + std::char_traits<char>::length(p2_base));
  }
}

出力

バージョン

言語

  • C++17

処理系