最終更新日時:
が更新

履歴 編集

class template
<string>

std::char_traits

namespace std {
  template<class charT> struct char_traits;

  template<> struct char_traits<char>;
  template<> struct char_traits<char16_t>; // C++11から
  template<> struct char_traits<char32_t>; // C++11から
  template<> struct char_traits<wchar_t>;
}

概要

char_traitsは、basic_string文字列クラスのおける、各要素の特性を使用するためのクラスである。
このクラスと同じインタフェースのクラスを用意してbasic_stringクラスのテンプレート引数として指定することにより、ユーザー独自の処理に切り替えることが可能である。たとえば、大文字・小文字を区別しない比較のためのカスタマイズに利用できる。

テンプレートパラメータは以下を意味する:

  • charT : basic_stringクラスが扱う文字型

静的メンバ関数

名前 説明 対応バージョン
assign 代入
eq 等値比較
lt 小なり比較
compare 比較
length 文字列長を取得する
find 文字列中から特定の値を検索する
move 文字列を他のシーケンスにコピーする
copy 文字列を他のシーケンスにコピーする
not_eof 文字がファイル終端文字(EOF)じゃないかを判定する
to_char_type 数値を文字に変換する
to_int_type 文字を数値に変換する
eq_int_type 数値の等値比較
eof ファイル終端文字(EOF)を表す数値を取得する

メンバ型

名前 説明 対応バージョン
char_type 文字コンテナの実装で使用される文字型
int_type 文字に対応する値を表す数値型
off_type 文字の差を表す型
pos_type 位置を表す型
state_type ストリームのマルチバイト文字の変換の状態を表す型

charによる特殊化のメンバ型定義

名前 説明 対応バージョン
char_type char
int_type int
off_type streamoff
pos_type streampos
state_type mbstate_t

char16_tによる特殊化のメンバ型定義 (C++11)

名前 説明 対応バージョン
char_type char16_t C++11
int_type uint_least16_t C++11
off_type streamoff C++11
pos_type u16streampos C++11
state_type mbstate_t C++11

char32_tによる特殊化のメンバ型定義 (C++11)

名前 説明 対応バージョン
char_type char32_t C++11
int_type uint_least32_t C++11
off_type streamoff C++11
pos_type u32streampos C++11
state_type mbstate_t C++11

wchar_tによる特殊化のメンバ型定義

名前 説明 対応バージョン
char_type wchar_t
int_type wint_t
off_type streamoff
pos_type wstreampos
state_type mbstate_t

#include <iostream>
#include <string>

int main()
{
  // std::stringと同じ
  std::basic_string<char, std::char_traits<char>> a = "aaa";
  std::basic_string<char, std::char_traits<char>> b = "bbb";

  // char_traits::compare()で比較が行われる
  if (a < b) {
    std::cout << "then" << std::endl;
  }
  else {
    std::cout << "else" << std::endl;
  }
}

出力

then

参照