最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

function
<iterator>

std::common_iterator::iter_swap(C++20)

namespace std {
  template<input_or_output_iterator I, sentinel_for<I> S>
  class common_iterator {

    template<indirectly_swappable<I> I2, class S2>
    friend void iter_swap(const common_iterator& x, const common_iterator<I2, S2>& y)
      noexcept(noexcept(ranges::iter_swap(declval<const I&>(), declval<const I2&>())));
  };
}

概要

2つのcommon_iteratorの指す要素を交換する。

事前条件

holds_alternative<I>(x.v_)holds_alternative<I2>(y.v_)はどちらもtrueであること。

効果

以下と等価

return ranges::iter_swap(get<I>(x.v_), get<I2>(y.v_));

備考

この関数はcommon_iteratorのクラス定義内でfriend関数として定義される。そのため、メンバ関数としても非メンバ関数としても明示的に呼び出すことはできず、ADLによってのみ呼び出すことができる。 基本的にはranges::iter_swapカスタマイゼーションポイントオブジェクトを通して利用する。

#include <iostream>
#include <iterator>
#include <ranges>
#include <vector>

int main() {
  std::vector<int> v1 = {1, 2, 3, 4, 5};
  std::vector<int> v2 = {6, 7, 8, 9, 10};

  // common_iteratorを通すことでイテレータ型と番兵型を合わせる
  using CI = std::common_iterator<std::counted_iterator<std::vector<int>::iterator>, std::default_sentinel_t>;

  CI ci1{std::counted_iterator{std::ranges::begin(v1), 2}};
  CI ci2{std::counted_iterator{std::ranges::begin(v2), 2}};

  // ADLによる呼び出し
  iter_swap(ci1, ci2);

  ++ci1;
  ++ci2;

  // ranges::iter_swap CPOによる呼び出し
  std::ranges::iter_swap(ci1, ci2);

  for (int n : v1) {
    std::cout << n << ' ';
  }

  std::cout << '\n';

  for (int n : v2) {
    std::cout << n << ' ';
  }
}

出力

6 7 3 4 5 
1 2 8 9 10

バージョン

言語

  • C++20

処理系

関連項目

  • ranges::iter_swap

参照