最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function
<iterator>

std::move_iterator::operator+=(C++11)

move_iterator& operator+=(difference_type n);

概要

イテレータ自身をn回進める。

効果

current += n;

currentは、メンバ変数として保持しているアダプト元のイテレータ変数

戻り値

return *this;

#include <iostream>
#include <vector>
#include <memory>
#include <iterator>

int main()
{
  std::vector<std::unique_ptr<int>> v;
  for (int i = 0; i < 5; ++i)
    v.emplace_back(new int(i));

  auto it = std::make_move_iterator(v.begin());
  it += 2;
  std::unique_ptr<int> p = *it;

  std::cout << *p << std::endl;
}

出力

2

バージョン

言語

  • C++11

処理系

参照