最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

function template
<iterator>

std::next(C++11)

namespace std {
  template <class ForwardIterator>
  ForwardIterator next(ForwardIterator x,
                       typename std::iterator_traits<ForwardIterator>::difference_type n = 1);  // C++11 から C++14 まで

  template <class InputIterator>
  constexpr InputIterator next(InputIterator x,
                     typename std::iterator_traits<InputIterator>::difference_type n = 1);      // C++17 から
}

概要

n回前方に進めたイテレータを返す。

advance()と違い、引数として渡されたイテレータへの参照を書き換えるのではなく、n回進んだイテレータのコピーを返す。

効果

advance(x, n);
return x;

戻り値

引数として渡されたイテレータをn回前方に進めたイテレータのコピー

#include <iostream>
#include <iterator>
#include <vector>

int main()
{
  std::vector<int> v = {3, 1, 4, 5, 2};

  {
    decltype(v)::iterator it = std::next(v.begin()); // イテレータを1回進める
    std::cout << *it << std::endl;
  }
  {
    decltype(v)::iterator it = std::next(v.begin(), 2); // イテレータを2回進める
    std::cout << *it << std::endl;
  }
}

出力

1
4

バージョン

言語

  • C++11

処理系

関連項目

名前 説明
prev() n回後方に進めたイテレータを返す
advance() n回イテレータを進める

参照