最終更新日時:
が更新

履歴 編集

variable
<limits>

std::numeric_limits::max_exponent

// C++03
static const int max_exponent;

// C++11
static constexpr int max_exponent;

概要

浮動小数点数型において、型Tの指数下限値を得る。
基数radixmax_exponentの値で累乗した値が、型Tで表現可能な正規化された値となる最大の正の値。
浮動小数点数型以外は0になる。

対応するマクロを次の表に挙げる。

対応するマクロ
float FLT_MAX_EXP
double DBL_MAX_EXP
long double LDBL_MAX_EXP

#include <iostream>
#include <limits>

int main()
{
  constexpr int f = std::numeric_limits<float>::max_exponent;
  constexpr int d = std::numeric_limits<double>::max_exponent;

  std::cout << "float : " << f << std::endl;
  std::cout << "double : " << d << std::endl;
}

出力例

float : 128
double : 1024

参照