最終更新日時:
が更新

履歴 編集

class template
<memory>

std::owner_less(C++11)

namespace std {
  template <class T>
  struct owner_less; // C++11 先行宣言

  template <class T=void>
  struct owner_less; // C++17 void版プライマリテンプレート

  template <class T>
  struct owner_less<shared_ptr<T>>;

  template <class T>
  struct owner_less<weak_ptr<T>>;

  template <>
  struct owner_less<void>;
}

概要

owner_lessは、スマートポインタを所有権ベースで小なり比較するための、2項関数オブジェクトである。

スマートポインタを、setmapのキーにする際、値ベースではなく所有権ベースに比較することを指定するために使用する。

shared_ptr版

メンバ関数

名前 説明 対応バージョン
operator() 関数呼び出し演算子 C++11

メンバ型

名前 説明 対応バージョン
result_type 戻り値型bool C++11
C++17から非推奨
first_argument_type 第1引数型shared_ptr<T> C++11
C++17から非推奨
second_argument_type 第2引数型shared_ptr<T> C++11
C++17から非推奨

weak_ptr版

メンバ関数

名前 説明 対応バージョン
operator() 関数呼び出し演算子 C++11

メンバ型

名前 説明 対応バージョン
result_type 戻り値型bool C++11
C++17から非推奨
first_argument_type 第1引数型weak_ptr<T> C++11
C++17から非推奨
second_argument_type 第2引数型weak_ptr<T> C++11
C++17から非推奨

void版

メンバ関数

名前 説明 対応バージョン
operator() 関数呼び出し演算子 C++17

メンバ型

名前 説明 対応バージョン
is_transparent operator() が関数テンプレートである事を示すタグ型。
実装依存の型であるがあくまでタグ型であり、型そのものには意味はない。
C++17

基本的な使い方

#include <iostream>
#include <memory>
#include <map>

template <class Key, class Value>
using shared_ptr_map = std::map<
  std::shared_ptr<Key>,
  Value,
  std::owner_less<std::shared_ptr<Key>>
>;

struct X {
  int i;
  int j;
};

int main()
{
  shared_ptr_map<int, std::string> m;

  std::shared_ptr<int> p1(new int(2));

  std::shared_ptr<X> px(new X());
  // 同じ所有権(px)を持つが、異なるポインタを指すp2とp3
  std::shared_ptr<int> p2(px, &(px->i));
  std::shared_ptr<int> p3(px, &(px->j));

  m[p1] = "Alice";
  m[p2] = "Bob";
  m[p3] = "Carol"; // owner_lessでは、p2とp3が同じリソースを
                   // 指していると見なされるので、
                   // p2の要素が上書きされる

  std::cout << m.at(p1) << std::endl;
  std::cout << m.at(p2) << std::endl;
  std::cout << m.at(p3) << std::endl;
}

出力

Alice
Carol
Carol

void版のユースケース

#include <iostream>
#include <memory>

int main()
{
  std::shared_ptr<int> sp1;
  std::shared_ptr<void> sp2;
  std::shared_ptr<long> sp3;
  std::weak_ptr<int> wp1;

  std::owner_less<void> cmp;

  // 異なる要素型同士の比較
  std::cout << std::boolalpha;
  std::cout << cmp(sp1, sp2) << std::endl; // void版以外ではコンパイルエラー
  std::cout << cmp(sp1, wp1) << std::endl;
  std::cout << cmp(sp1, sp3) << std::endl; // void版以外ではコンパイルエラー
  std::cout << cmp(wp1, sp1) << std::endl;
  std::cout << cmp(wp1, wp1) << std::endl; // void版以外ではコンパイルエラー
}

出力

false
false
false
false
false

バージョン

言語

  • C++11

処理系

関連項目

参照