最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function
<memory>

std::atomic_compare_exchange_weak_explicit(C++11)

namespace std {
  template<class T>
  bool atomic_compare_exchange_weak_explicit(
         shared_ptr<T>* p, shared_ptr<T>* expected, shared_ptr<T> desired,
         memory_order success, memory_order failure);
}

概要

メモリオーダーを指定して、弱い比較で、アトミックにshared_ptrオブジェクトを入れ替える。

要件

効果

現在の値pexpectedが等しければ、*pdesiredで置き換え、そうでなければ*p*expectedで置き換える。

等しい場合はsuccessメモリオーダー、そうでなければfailureメモリオーダーに従って、アトミックに値の置き換えが行われる。

戻り値

*p*expectedが等しければtrue、そうでなければfalseを返す。

例外

投げない

備考

等値比較は、2つのshared_ptrオブジェクトが同じポインタを保持し、リソースを共有していればtrueとなる。

#include <iostream>
#include <memory>

int main()
{
  std::shared_ptr<int> p(new int(1));

  std::shared_ptr<int> ps = p;
  std::shared_ptr<int> q(new int(3));
  while (!std::atomic_compare_exchange_weak_explicit(
          &p, &ps, q,
          std::memory_order_acq_rel,
          std::memory_order_relaxed)) {}

  std::shared_ptr<int> result = std::atomic_load(&p);
  std::cout << *result << std::endl;
}

出力

3

バージョン

言語

  • C++11

処理系

参照