最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function
<memory>

std::dynamic_pointer_cast(C++11)

namespace std {
  template <class T, class U>
  shared_ptr<T> dynamic_pointer_cast(const shared_ptr<U>& r) noexcept;
}

概要

shared_ptr で管理するインスタンスに対して dynamic_cast を行う。

戻り値

r が空であった場合、この関数は空の shared_ptr<T> を返却する。
空ではない場合、この関数は dynamic_cast<T*> を行い shared_ptr<T> を返却する。
この際、shared_ptr<U> の参照カウンタをそのまま使用する。(shared_ptr<U>.use_count() == shared_ptr<T>.use_count())

備考

shared_ptr<T>(dynamic_cast<T*>(r.get())) という方法は動作未定義となるので使用しないこと。

例外

投げない

#include <memory>
#include <iostream>

struct A {
  virtual void call() const {
    std::cout << "A::call" << std::endl;
  }
};

struct B : A {
  void call() const {
    std::cout << "B::call()" << std::endl;
  }
};

int main()
{
  std::shared_ptr<B> b(new B());
  std::shared_ptr<A> a = std::static_pointer_cast<A>(b);

  // AからBへのダウンキャスト
  if (std::shared_ptr<B> result = std::dynamic_pointer_cast<B>(a)) {
    result->call();
  }
  else {
    std::cout << "conversion error" << std::endl;
  }
}

出力

B::call()

バージョン

言語

  • C++11

処理系