最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

class template
<ranges>

std::ranges::basic_istream_view(C++20)

namespace std {
  namespace ranges {
    template<movable Val, class CharT, class Traits>
    requires default_initializable<Val> && stream-extractable<Val, CharT, Traits>
    class basic_istream_view : public view_interface<basic_istream_view<Val, CharT, Traits>> { …… }; // (1)

    namespace views {
      template<class Val, class CharT, class Traits>
      basic_istream_view<Val, CharT, Traits> istream_view(basic_istream<CharT, Traits>& s);  // (2)
    }
  }

  namespace views = ranges::views;
}

概要

basic_istream_viewは、入力ストリームから読み取った値の範囲である。

basic_istream_viewのオブジェクトは(2)の関数テンプレートviews::istream_viewで生成できる。

範囲カテゴリ

borrowed sized output input forward bidirectional random_access contiguous common viewable view

テンプレートパラメータ制約

説明専用コンセプトstream-extractableを以下のように定義する。

template<class Val, class CharT, class Traits>
concept stream-extractable = requires(basic_istream<CharT, Traits>& is, Val& t) { is >> t; }

これを用いて、

効果

  • (2): return basic_istream_view<Val, CharT, Traits>{s};

メンバ関数

名前 説明 対応バージョン
(constructor) コンストラクタ C++20
begin 先頭を指すイテレータを取得する C++20
end 番兵を取得する C++20

#include <ranges>
#include <sstream>
#include <iostream>

int main() {
  using namespace std;
  auto iss = istringstream{"1 2 3 4 5"};

  for (int i : views::istream_view<int>(iss)) {
    cout << i;
  }
}

出力

12345

バージョン

言語

  • C++20

処理系

参照