最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

class
<ranges>

std::ranges::dangling(C++20)

namespace std::ranges {
  struct dangling {
    constexpr dangling() noexcept = default;

    template<class... Args>
    constexpr dangling(Args&&...) noexcept { }
  };
}

概要

danglingは、イテレータまたは範囲がダングリングであることを示す型である。

この型のオブジェクトは、イテレータまたは範囲を返す関数において、戻り値のイテレータや範囲がダングリングとなる場合に代わりに返される。

メンバ関数

構築・破棄

名前 説明 対応バージョン
(constructor) コンストラクタ C++20

#include <ranges>
#include <vector>

using namespace std;

vector<int> f(){ return {}; }

int main()
{
  // borrowed_rangeではない範囲のrvalueが渡された場合、danglingが返る
  auto result1 = ranges::find(f(), 42);
  static_assert(same_as<decltype(result1), ranges::dangling>);

  // lvalueが渡された場合、danglingにはならない
  auto vec = f();
  auto result2 = ranges::find(vec, 42);
  static_assert(same_as<decltype(result2), vector<int>::iterator>);

  // borrowed_rangeのrvalueが渡された場合、danglingにはならない
  auto result3 = ranges::find(ranges::subrange{vec}, 42);
  static_assert(same_as<decltype(result3), vector<int>::iterator>);
}

出力

バージョン

言語

  • C++20

処理系

参照