最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

class template
<ranges>

std::ranges::subrange(C++20)

namespace std::ranges {
  template<input_or_output_iterator I, sentinel_for<I> S = I, subrange_kind K = sized_sentinel_for<S, I> ? subrange_kind::sized : subrange_kind::unsized>
    requires (K == subrange_kind::sized || !sized_sentinel_for<S, I>)
  class subrange : public view_interface<subrange<I, S, K>> { …… };
}

概要

subrangeは、イテレータiと番兵sが表す範囲[i, s)をRangeとして扱うクラステンプレート。

subrangeborrowed_rangeviewのモデルであり、また、大きさ2のtuple-likeな型である。第0要素はイテレータ、第1要素は番兵。

subrangesized_rangeである場合(K == subrange_kind::sized)とそうでない場合(K == subrange_kind::unsized)の両方をサポートする。 また、元のRangeがsized_rangeでなくても、長さを別に指定することでsized_rangeになれる。

テンプレートパラメータ制約

subrange_kind Ksizedである。または、イテレータIと番兵Ssized_sentinel_forを満たさない。

メンバ関数

名前 説明 対応バージョン
(constructor) コンストラクタ C++20
operator PairLike pair-likeな型に変換する C++20
begin 先頭を指すイテレータを取得する C++20
end 番兵を取得する C++20
empty Rangeが空かどうかを判定する C++20
size 要素数を取得する C++20
next 先頭を前進させた部分Rangeを得る C++20
prev 先頭を後退させた部分Rangeを得る C++20
advance 部分Rangeの先頭を動かす C++20

継承しているメンバ関数

名前 説明 対応バージョン
operator bool Rangeが空でないかどうかを判定する C++20
data 配列の先頭へのポインタを取得する C++20
front 先頭要素への参照を取得する C++20
back 末尾要素への参照を取得する C++20
operator[] 要素へアクセスする C++20

推論補助

名前 説明 対応バージョン
(deduction_guide) クラステンプレートの推論補助 C++20

カスタマイゼーション

名前 説明 対応バージョン
enable_borrowed_range enable_borrowed_rangeの特殊化 (variable template) C++20

タプルインターフェース

名前 説明 対応バージョン
tuple_size 静的な要素数取得(class template) C++20
tuple_element 静的な要素の型取得(class template) C++20
get 要素を取得する(function template) C++20

説明専用コンセプト

このクラスの説明では以下のコンセプトを用いる。

// uses-nonqualification-pointer-conversion: 直接変換できない型同士のポインタの変換が必要
template<class From, class To>
concept uses-nonqualification-pointer-conversion =
  is_pointer_v<From> && is_pointer_v<To> &&
  !convertible_to<remove_pointer_t<From>(*)[], remove_pointer_t<To>(*)[]>;

// convertible-to-non-slicing: スライシングを起こさずに変換できる
template<class From, class To>
concept convertible-to-non-slicing =
  convertible_to<From, To> &&
  !uses-nonqualification-pointer-conversion<decay_t<From>, decay_t<To>>;

// pair-like: 大きさ2のtuple-likeな型である
template<class T>
concept pair-like =
  !is_reference_v<T> && requires(T t) {
    typename tuple_size<T>::type;
    requires derived_from<tuple_size<T>, integral_constant<size_t, 2>>;
    typename tuple_element_t<0, remove_const_t<T>>;
    typename tuple_element_t<1, remove_const_t<T>>;
    { get<0>(t) } -> convertible_to<const tuple_element_t<0, T>&>;
    { get<1>(t) } -> convertible_to<const tuple_element_t<1, T>&>;
  };

// pair-like-convertible-from: U, Vから構築できるpair-likeである (その際、Uはスライシングを起こさない)
template<class T, class U, class V>
concept pair-like-convertible-from =
  !range<T> && pair-like<T> &&
  constructible_from<T, U, V> &&
  convertible-to-non-slicing<U, tuple_element_t<0, T>> &&
  convertible_to<V, tuple_element_t<1, T>>;

バージョン

言語

  • C++20

処理系

参照