最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

concept
<ranges>

std::ranges::viewable_range(C++20)

namespace std::ranges {
  template<class T>
  concept viewable_range = range<T> && (borrowed_range<T> || view<remove_cvref_t<T>>);
}

概要

viewable_rangeは、安全にviewへ変換できる範囲を表すコンセプトである。

範囲アダプタを適用するには、viewable_rangeである必要がある。

モデル

Tviewable_rangeのモデルとなるのは、Trangeのモデルであり、かつTborrowed_rangeのモデルであるか、remove_cvref_t<T>viewのモデルである場合である。

borrowed_rangeまたはviewではないrangeの右辺値は、viewable_rangeのモデルにはならない。

(執筆中)

出力

(執筆中)

バージョン

言語

  • C++20

処理系

参照