最終更新日時:
が更新

履歴 編集

class template
<type_traits>

std::is_standard_layout(C++11)

namespace std {
  template <class T>
  struct is_standard_layout;
}

概要

Tがスタンダードレイアウト型か調べる。

要件

remove_all_extents<T>::typeは、完全型か、const/volatile修飾された(あるいはされていない)voidでなければならない。

効果

is_standard_layoutは、型Tがスタンダードレイアウト型であるならばtrue_typeから派生し、そうでなければfalse_typeから派生する。

スタンダードレイアウト型は、以下の全てを満たす型を指す:

  • 非スタンダードレイアウト型の非静的データメンバもしくは参照を持たない
  • 仮想関数を持たず、仮想基本クラスを持たない
  • 非スタンダードレイアウト型の基本クラスを持たない
  • 最派生クラスに非静的データメンバを持つ場合、基底クラスに非静的データメンバを持たない
  • 最初の非静的データメンバと同じ基本クラスを持たない

備考

スタンダードレイアウト型とトリビアル型の、両方の条件を満たす型を「POD型」という。
この型分類は、C++11で行われたPOD型の細分化によって導入されたものである。

#include <type_traits>

struct X {
  int n;
  char c;
};

// 組み込み型は全てスタンダードレイアウト型
static_assert(
  std::is_standard_layout<int>::value == true,
  "int is standard-layout type");

// スタンダードレイアウト型のデータメンバのみを
// 持つ型はスタンダードレイアウト型
static_assert(
  std::is_standard_layout<X>::value == true,
  "X is standard-layout type");

int main() {}

出力

バージョン

言語

  • C++11

処理系

関連項目

参照

  • POD再考
  • LWG Issue 2015. Incorrect pre-conditions for some type traits
    • C++11では要件が「型Tは完全型であるか、const/volatile修飾された(あるいはされていない)voidか、要素数不明の配列型でなければならない。」だったが、これは間違いであるため、C++14で「型remove_all_extents<T>::typeは、完全型か、const/volatile修飾された(あるいはされていない)voidでなければならない。」に変更された。