最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function
<unordered_set>

std::unordered_multiset::コンストラクタ(C++11)

unordered_multiset();                                                     // (1) C++14

explicit unordered_multiset(size_type n,
                            const hasher& hf = hasher(),
                            const key_equal& eql = key_equal(),
                            const allocator_type& a = allocator_type());  // (2) C++14


explicit unordered_multiset(size_type n = 実装依存の既定値,
                            const hasher& hf = hasher(),
                            const key_equal& eql = key_equal(),
                            const allocator_type& a = allocator_type());  // (1) + (2) C++11

template <class InputIterator>
unordered_multiset(InputIterator first, InputIterator last,
                   size_type n = 実装依存の既定値,
                   const hasher& hf = hasher(),
                   const key_equal& eql = key_equal(),
                   const allocator_type& a = allocator_type());           // (3)

unordered_multiset(const unordered_multiset& v);                          // (4)

unordered_multiset(unordered_multiset&& rv);                              // (5)

explicit unordered_multiset(const allocator_type& a);                     // (6)

unordered_multiset(const unordered_multiset& v, const allocator_type& a); // (7)

unordered_multiset(unordered_multiset&& rv, const allocator_type& a);     // (8)

unordered_multiset(initializer_list<value_type> il,
                   size_type n = 実装依存の既定値,
                   const hasher& hf = hasher(),
                   const key_equal& eql = key_equal(),
                   const allocator_type& a = allocator_type());           // (9)

unordered_multiset(size_type n, const allocator_type& a);                 // (10) C++14

unordered_multiset(size_type n,
                   const hasher& hf,
                   const allocator_type& a);                              // (11) C++14

template <class InputIterator>
unordered_multiset(InputIterator f,
                   InputIterator l,
                   size_type n,
                   const allocator_type& a);                              // (12) C++14

template <class InputIterator>
unordered_multiset(InputIterator f,
                   InputIterator l,
                   size_type n,
                   const hasher& hf, 
                   const allocator_type& a);                              // (13) C++14

unordered_multiset(initializer_list<value_type> il,
                   size_type n,
                   const allocator_type& a);                              // (14) C++14

unordered_multiset(initializer_list<value_type> il,
                   size_type n,
                   const hasher& hf, 
                   const allocator_type& a);                              // (15) C++14

概要

unordered_multiset オブジェクトを構築する

要件

  • ハッシュ関数オブジェクト hasher が引数として与えられなかった場合、hasher は DefaultConstructible であること。

  • キー比較用関数オブジェクト key_equal が引数として与えられなかった場合、key_equal は DefaultConstructible であること。

  • アロケータオブジェクト allocator_type が引数として与えられなかった場合、allocator_type は DefaultConstructible であること。

  • (3) の形式の場合、value_type*first からこの unordered_multiset に EmplaceConstructible であること。

  • (4)、(7)、および (9) の形式の場合、value_type はこの unordered_multiset に CopyInsertable であること。

  • (5) の形式の場合、allocator_type のムーブ構築は例外終了しないこと。

  • (8) の形式の場合、value_type はこの unordered_multiset に MoveInsertable であること。(但し、備考参照)

効果

  • (1) バケット数の最低が実装依存の、要素を持たない空の unordered_multiset を構築する。

  • (2) バケット数最低 n、ハッシュ関数オブジェクト hf、キー比較用関数オブジェクト eql、アロケータオブジェクト a で、要素を持たない空の unordered_multiset を構築する。

  • (1) + (2) バケット数最低 n、ハッシュ関数オブジェクト hf、キー比較用関数オブジェクト eql、アロケータオブジェクト a で、要素を持たない空の unordered_multiset を構築する。 引数 n のデフォルト値は実装依存である。

  • (3) (2)と同様に unordered_multiset が構築された後、[first, last) の範囲の要素が挿入される。

  • (4) コピーコンストラクタ。v の全ての要素をコピーした、unordered_multiset を構築する。 ハッシュ関数オブジェクトとキー比較関数オブジェクト、および、max_load_factor() の値も v からコピーされる。 アロケータオブジェクトは、std::allocator_traits<allocator_type>::select_on_container_copy_construction(get_allocator()) の戻り値が使用される。

  • (5) ムーブコンストラクタ。rv の全ての要素をムーブした、unordered_multiset を構築する。 ハッシュ関数オブジェクトとキー比較関数オブジェクト、および、アロケータオブジェクトも v からムーブされる。 max_load_factor() の値は rv からコピーされる。 なお、要素のムーブは個々に行われるのではなく、unordered_multiset 内部の構造ごと一括でムーブされる。

  • (6) ハッシュ関数オブジェクト hasher()、キー比較用関数オブジェクト key_equal()、アロケータオブジェクト a で、要素を持たない空の unordered_multiset を構築する。 構築された unordered_multiset のバケット数、および、max_load_factor() は実装依存である。

  • (7) v の全ての要素をコピーした、unordered_multiset を構築する。 ハッシュ関数オブジェクトとキー比較関数オブジェクト、および、max_load_factor() の値も v からコピーされるが、アロケータオブジェクトは引数 a が使用される。

  • (8) rv のすべての要素をムーブした、unordered_multiset を構築する。 ハッシュ関数オブジェクトとキー比較関数オブジェクトの値も rv からムーブされるが、アロケータオブジェクトは引数 a が使用される。 max_load_factor() の値は rv からコピーされる。 なお、a == rv.get_allocator() の場合、要素のムーブは個々に行われるのではなく、unordered_multiset 内部の構造ごと一括でムーブされるが、そうでない場合は要素ごとにムーブされる。

  • (9) (3) の形式を unordered_multiset(il.begin(), il.end(), n, hf, eql, a) として呼び出した場合と同等である。

  • (10) (2) の形式を unordered_multiset(n, hasher(), key_equal(), a) として呼び出した場合と同等である。

  • (11) (2) の形式を unordered_multiset(n, hf, key_equal(), a) として呼び出した場合と同等である。

  • (12) (3) の形式を unordered_multiset(f, l, n, hasher(), key_equal(), a) として呼び出した場合と同等である。

  • (13) (3) の形式を unordered_multiset(f, l, n, hf, key_equal(), a) として呼び出した場合と同等である。

  • (14) (5) の形式を unordered_multiset(il, n, hasher(), key_equal(), a) として呼び出した場合と同等である。

  • (15) (5) の形式を unordered_multiset(il, n, hf, key_equal(), a) として呼び出した場合と同等である。

事後条件

以下では構築されたオブジェクトを u とする。

計算量

  • (1) 定数
  • (2) 定数
  • (3) 平均的には O(n)、ここで、n は std::distance(first, last)。 最悪のケースでは O(n2)
  • (4) 平均的には O(n)、ここで、n は v.size()。 最悪のケースでは O(n2)
  • (5) 定数
  • (6) 定数
  • (7) O(v.size())
  • (8) a == rv.get_allocator() の場合、定数。 そうでない場合、O(rv.size())。
  • (9) (3) の形式を unordered_multiset(il.begin(), il.end(), n, hf, eql, a) として呼び出した場合と同等。
  • (10) (2) の形式を unordered_multiset(n, hasher(), key_equal(), a) として呼び出した場合と同等。
  • (11) (2) の形式を unordered_multiset(n, hf, key_equal(), a) として呼び出した場合と同等。
  • (12) (3) の形式を unordered_multiset(f, l, n, hasher(), key_equal(), a) として呼び出した場合と同等。
  • (13) (3) の形式を unordered_multiset(f, l, n, hf, key_equal(), a) として呼び出した場合と同等。
  • (14) (5) の形式を unordered_multiset(il, n, hasher(), key_equal(), a) として呼び出した場合と同等。
  • (15) (5) の形式を unordered_multiset(il, n, hf, key_equal(), a) として呼び出した場合と同等。

備考

  • (8) の形式の場合、MoveInsertable が要件となっているが、rv.get_allocator() == a の場合にはムーブコンストラクタと同様の挙動となるため、MoveInsertable ではなくても良いと思われる。

  • C++14 では、デフォルトコンストラクタを (1) + (2) の形式から (1) の形式に分離して残りを (2) の形式(n のデフォルト引数を削除)にした。 これは、デフォルトコンストラクタに explicit が付いていると、

    std::unordered_multiset<int> m = {};
    

    のようなコード(C++11 から導入された、コピーリスト初期化によるデフォルトコンストラクタ呼び出し)がエラーになってしまうためである。

バージョン

言語

  • C++11

処理系

備考

libstdc++ には 4.8.2 現在、(6)、(7)、(8)の形式はない。

関連項目

(destructor) デストラクタ
operator= 代入演算子

参照