最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function template
<iterator>

std::distance

namespace std {
  template <class InputIterator>
  typename iterator_traits<InputIterator>::difference_type
              distance(InputIterator first, InputIterator last);
}

概要

イテレータ間の距離を求める。

この関数は、以下のような状況で活用できる:

要件

  • InputIteratorがランダムアクセスイテレータの場合、firstlastに到達可能、もしくはlastからfirstに到達可能であること。
  • それ以外のイテレータの場合には、firstからlastに到達可能であること。

効果

  • InputIteratorがランダムアクセスイテレータの場合は、last - firstが返る。
  • それ以外のイテレータの場合は、firstからlastまでイテレータをインクリメントしていき、距離をカウントする。

戻り値

firstからlastまでの距離

計算量

InputIteratorがランダムアクセスイテレータの場合はO(1)。それ以外のイテレータの場合はO(n)。

#include <iterator>
#include <iostream>
#include <vector>
#include <list>

int main()
{
  {
    std::vector<int> v = {3, 1, 4};
    std::size_t d = std::distance(v.begin(), v.end());

    std::cout << d << std::endl;
  }
  {
    std::list<int> ls = {3, 1, 4, 5, 2};
    std::size_t d = std::distance(ls.begin(), ls.end());

    std::cout << d << std::endl;
  }
}

出力

3
5

実装例

template <class InputIterator>
typename std::iterator_traits<InputIterator>::difference_type
    distance_impl(InputIterator first, InputIterator last,
                  std::input_iterator_tag)
{
  typedef
    typename std::iterator_traits<InputIterator>::difference_type
  result_type;

  result_type n = 0;
  for (; first != last; ++first) {
    ++n;
  }
  return n;
}

template <class RandomAccessIterator>
typename std::iterator_traits<RandomAccessIterator>::difference_type
    distance_impl(RandomAccessIterator first, RandomAccessIterator last,
                  std::random_access_iterator_tag)
{
  return last - first;
}

template <class InputIterator>
typename std::iterator_traits<InputIterator>::difference_type
    distance(InputIterator first, InputIterator last)
{
  return distance_impl(first, last,
              typename std::iterator_traits<InputIterator>::iterator_category());
}

参照