最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function template
<utility>

std::move_if_noexcept(C++11)

namespace std {
  template <class T>
  typename conditional<
    !is_nothrow_move_constructible<T>::value && is_copy_constructible<T>::value,
    const T&, T&&
  >::type move_if_noexcept(T& x) noexcept; // C++11

  template <class T>
  constexpr typename conditional<
    !is_nothrow_move_constructible<T>::value && is_copy_constructible<T>::value,
    const T&, T&&
  >::type move_if_noexcept(T& x) noexcept; // C++14
}

概要

例外を投げないオブジェクトをムーブする。

この関数は、対象のオブジェクトが例外を投げないムーブコンストラクタを持っている場合に右辺値参照を返し、そうでなければconst左辺値参照を返す。

この関数は、複数のオブジェクトをムーブする際に、例外安全の強い保証を得ることを目的として使用される。

戻り値

std::move(x)

例外

投げない

#include <iostream>
#include <utility>

struct A {
  A() {}

  A(const A&)
    { std::cout << "copy" << std::endl; }

  A(A&&) noexcept
    { std::cout << "move" << std::endl; }
};

struct B {
  B() {}

  B(const B&)
    { std::cout << "copy" << std::endl; }

  B(B&&)
    { std::cout << "move" << std::endl; }
};

int main()
{
  // ムーブコンストラクタが例外を投げないのでムーブされる
  A a;
  A a1 = std::move_if_noexcept(a);

  // ムーブコンストラクタが例外を投げる可能性があるのでコピーされる
  B b;
  B b1 = std::move_if_noexcept(b);
}

出力

move
copy

バージョン

言語

  • C++11

処理系

  • Clang: ??
  • GCC:
  • GCC, C++11 mode: 4.7.0
  • ICC: ??
  • Visual C++: 11.0, 12.0, 14.0
    • 11.0は正しく実装されていないと思われる。上記「例」のコードにおいて、ともにmoveしてしまう結果となる。

関連項目

参照