最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function
<valarray>

std::valarray::cshift

valarray<T> cshift(int n) const;

概要

要素の位置を循環シフトする。

「cshift」は「circular shift(循環シフト)」の略。

戻り値

  • nが正の値である場合、n個分だけ要素を前(0番目に向かう方向)に移動する。
    • 移動したことによって範囲外となった要素は、配列の後ろに移動する。
  • nが負の値である場合、n個分だけ要素を後ろ(size()に向かう方向)に移動する。
    • 移動したことによって範囲外となった要素は、配列の先頭に移動する。

#include <iostream>
#include <valarray>

template <class T>
void print(const char* name, const std::valarray<T>& va)
{
  std::cout << name << " : {";
  bool first = true;

  for (const T& x : va) {
    if (first) {
      first = false;
    }
    else {
      std::cout << ',';
    }
    std::cout << x;
  }
  std::cout << "}" << std::endl;
}

int main()
{
  const std::valarray<int> va = {1, 2, 3, 4, 5};

  const std::valarray<int> left_shift_result = va.cshift(3);
  print("left_shift_result", left_shift_result);

  const std::valarray<int> right_shift_result = va.cshift(-3);
  print("right_shift_result", right_shift_result);
}

出力

left_shift_result : {4,5,1,2,3}
right_shift_result : {3,4,5,1,2}

参照