最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function
<valarray>

std::valarray::sum

T sum() const;

概要

合計値を求める。

戻り値

valarrayオブジェクトに含まれる要素の合計値を返す。

合計値の計算には、要素型Toperator+=を使用する。計算の順番は未規定。

要素数が0の場合、この関数の挙動は未定義。要素数が1の場合、0番目の要素を返す。

#include <iostream>
#include <valarray>

int main()
{
  const std::valarray<int> va = {1, 2, 3, 4, 5};

  int result = va.sum();
  std::cout << result << std::endl;
}

出力

15