最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

function template
<algorithm>

std::ranges::generate(C++20)

namespace std::ranges {
  // (1)
  template<input_or_output_iterator O, sentinel_for<O> S, copy_constructible F>
    requires invocable<F&> && indirectly_writable<O, invoke_result_t<F&>>
  constexpr O generate(O first, S last, F gen);

  // (2)
  template<class R, copy_constructible F>
    requires invocable<F&> && output_range<R, invoke_result_t<F&>>
  constexpr borrowed_iterator_t<R> generate(R&& r, F gen);
}

概要

出力の範囲へ関数の結果を書き込む。

  • (1): イテレータペアで範囲を指定する
  • (2): 範囲を直接指定する

効果

[first,last) のそれぞれのイテレータについて関数オブジェクト gen を呼び出し、その戻り値を代入する。

戻り値

last

計算量

正確に last - first 回の gen の呼び出しと代入が行われる。

#include <algorithm>
#include <iostream>
#include <vector>

int main() {
  std::vector<int> v(10);

  // 2 の累乗の値を生成する
  int n = 1;
  std::ranges::generate(v, [&n]() { auto t = n; n *= 2; return t; });

  for (int x : v ) {
    std::cout << x << ",";
  }
}

出力

1,2,4,8,16,32,64,128,256,512,

バージョン

言語

  • C++20

処理系

参照