最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

type-alias
<ranges>

std::ranges::borrowed_iterator_t(C++20)

namespace std::ranges {
  template<range R>
  using borrowed_iterator_t = conditional_t<borrowed_range<R>, iterator_t<R>, dangling>;
}

概要

任意の範囲型Rのイテレータの型を取得する。ただし、Rborrowed_rangeではない場合、danglingになる。

イテレータを返す関数では、これを戻り値型に使うことでダングリングイテレータになる場合に自動的にdanglingを返すことができる。

#include <ranges>
#include <vector>

using namespace std;

template<ranges::range R>
ranges::borrowed_iterator_t<R> my_find(R&& r, const ranges::range_value_t<R>& v) {
  auto i = ranges::begin(r);
  auto e = ranges::end(r);
  while(i != e) {
    if(*i == v) return i;
    ++i;
  }
  return e;
}

vector<int> f(){ return {}; }

int main() {
  // borrowed_rangeではない範囲のrvalueが渡された場合、danglingが返る
  auto result1 = my_find(f(), 42);
  static_assert(same_as<decltype(result1), ranges::dangling>);

  // lvalueが渡された場合、danglingにはならない
  auto vec = f();
  auto result2 = my_find(vec, 42);
  static_assert(same_as<decltype(result2), vector<int>::iterator>);

  // borrowed_rangeのrvalueが渡された場合、danglingにはならない
  auto result3 = my_find(ranges::subrange{vec}, 42);
  static_assert(same_as<decltype(result3), vector<int>::iterator>);
}

出力

バージョン

言語

  • C++20

処理系

参照