最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function
<cmath>

std::isunordered(C++11)

namespace std {
  bool isunordered(double x, double y);

  bool isunordered(float x, float y);

  bool isunordered(long double x, long double y);

  bool isunordered(Integral x, Integral y);
}

概要

浮動小数点数について、左辺が右辺が順序付けされていないかを判定する。

NaNに対する順序付けはされないため、xyのいずれかがNaNである場合、この関数はtrueを返す。

戻り値

引数が順序付けされていなければtrueを返し、そうでなければfalseを返す。

備考

  • C標準ライブラリでは本関数は関数マクロとして定義されるが、C++標準ライブラリでは関数として定義される。
  • C標準ライブラリでは本関数はint型を戻り値とするが、C++標準ライブラリではbool型を戻り値とする。

#include <iostream>
#include <cmath>
#include <limits>

void test(double x, double y)
{
  std::cout << std::boolalpha;
  std::cout << "isunordered(" << x << ", " << y << ") = " << std::isunordered(x, y) << std::endl;
}

int main()
{
  const double inf = std::numeric_limits<double>::infinity();
  const double nan = std::numeric_limits<double>::quiet_NaN();

  test(1.0, nan);
  test(1.0, 2.0);
  test(1.0, inf);
}

出力例

isunordered(1, nan) = true
isunordered(1, 2) = false
isunordered(1, inf) = false

バージョン

言語

  • C++11

処理系