最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function
<fstream>

std::basic_fstream::コンストラクタ

basic_fstream(); // (1)
explicit basic_fstream(const char* s, ios_base::openmode mode = ios_base::in | ios_base::out); // (2)
explicit basic_fstream(const string& s, ios_base::openmode mode = ios_base::in | ios_base::out); // (3)
basic_fstream(const basic_fstream& rhs) = delete; // (4) C++11
basic_fstream(basic_fstream&& rhs); // (5) C++11

概要

オブジェクトを構築する。一部のオーバーロードでは、ファイルを開く機能を持っている。

効果

  • (1) : デフォルトコンストラクタ。空の状態にする。
  • (2) : 仮引数sで指定したファイルを開く。
    • rdbuf()->open(s, mode)を呼び出す。その結果が失敗だった(戻り値がヌルポインタだった)場合、setstate(failbit)を呼び出す。
  • (3) : ファイルを指定する引数の型がstd::stringである点を除き、(2)と同じ。
  • (3) : コピーコンストラクタ。コピー不可。
  • (4) : ムーブコンストラクタ。ファイルストリームの所有権を移動する。

#include <iostream>
#include <fstream>

int main()
{
  std::fstream s1("file.txt");
  if (!s1) {
    std::cerr << "ファイルを開けませんでした。" << std::endl;
  }

  try
  {
    std::fstream s2("internal.dat", std::ios_base::in | std::ios_base::out | std::ios_base::binary);
    s2.exception(std::ios_base::failbit);
  } catch (const std::exception& e) {
    std::cerr << "ファイルを開けませんでした。" << std::endl;
  }
}

出力

ファイルを開けませんでした。
ファイルを開けませんでした。

実装例

例示のため、basic_fstream<>が内部で保持しているbasic_filebufオブジェクトを、仮にメンバ変数sbとする。

// (1)
template<class CharT, class Traits>
basic_fstream<CharT, Traits>::basic_fstream() : basic_iostream(&sb), sb() {
  // 本体は空
}

// (2)
template<class CharT, class Traits>
basic_fstream<CharT, Traits>::basic_fstream(const char* s, ios_base::openmode mode) : basic_iostream(&sb), sb() {
  if (rdbuf()->open(s, mode) == nullptr) {
    setstate(failbit);
  }
}

// (3)
template<class CharT, class Traits>
basic_fstream<CharT, Traits>::basic_fstream(const string& s, ios_base::openmode mode) : basic_fstream(s.c_str(), mode) {
  // 本体は空
}

// (5)
template<class CharT, class Traits>
basic_fstream<CharT, Traits>::basic_fstream(basic_fstream&& rhs) : basic_iostream(move(rhs)), sb(move(rhs.sb)) {
  set_rdbuf(&sb);
}

バージョン

言語

  • C++98
  • C++11: ムーブコンストラクタの追加

参照