最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

function
<fstream>

std::basic_filebuf::open

basic_filebuf* open(const char* s, ios_base::openmode mode); // (1)
basic_filebuf* open(const filesystem::path::value_type* s,
                    ios_base::openmode mode); // (2) C++17
basic_filebuf* open(const string& s, ios_base::openmode mode); // (3)
basic_filebuf* open(const filesystem::path& s, ios_base::openmode mode); // (4) C++17

概要

  • (1): sで指定されたファイルを開く。sはヌル終端文字列。
  • (2): std::filesystem::path::value_typeの型がcharではないときのみ定義される。効果は(1)と同じ。
  • (3): ファイルを指定する引数の型がstd::stringである点を除き、(1)と同じ。
  • (4): ファイルを指定する引数の型がstd::filesystem::pathである点を除き、(1)と同じ。

効果

まずmode & ~ios_base::ateの結果からファイルの開くモードが決定される。fopenのモード文字列との対応は以下の通り。

binary in out trunc ate 対応するfopenのモード文字列
"w"
"a"
"a"
"w"
"r"
"r+"
"w+"
"a+"
"a+"
"wb"
"ab"
"ab"
"wb"
"rb"
"r+b"
"w+b"
"a+b"
"a+b"

そしてあたかもfopenがこのモード文字列を第二引数に指定して呼び出されたかのように振る舞う。

ファイルを開くのに成功して、(mode & ios_base::ate) != 0の場合、ファイル終端にseekする(fseek(file, 0, SEEK_END)したかのように振る舞う)

ファイルを開くのに失敗した場合close()を呼び出す。

戻り値

もしis_open()falseではない、もしくは開くのに失敗したならば、nullptrを返す。

成功したらthisを返す

#include <iostream>
#include <fstream>

int main()
{
  std::fstream fs("foo");
  std::filebuf* buf = fs.rdbuf();

  if (buf->open("foo", std::ios_base::out)) {
      std::cout << "opened" << std::endl;
  }
}

バージョン

言語

  • C++98
  • C++17: std::filesystem::pathへの対応

参照