最終更新日時:
が更新

履歴 編集

class
<fstream>

std::basic_filebuf

namespace std {
  template<class CharT, class Traits = char_traits<CharT>>
  class basic_filebuf : public basic_streambuf<CharT, Traits> { …… };

  typedef basic_filebuf<char> filebuf;
  typedef basic_filebuf<wchar_t> wfilebuf;
}

概要

basic_filebufは、ファイルに対するストリームバッファを表現するクラスである。 CのFILE*に対する入出力関数を使って実装される。

位置操作(seekoffseekpos)は、入力・出力双方で共有される。

テンプレートパラメータとして文字型を受け取るようになっており、使用を容易にするため、以下のパラメータ設定済みエイリアスが定義されている。 このエイリアスは<fstream>ヘッダと<iosfwd>ヘッダで定義されている。

エイリアス 説明 対応バージョン
filebuf char型。ASCII、UTF-8等のマルチバイト文字列や、バイナリデータとして使用する。
wfilebuf wchar_t型。ワイド文字列として使用する。

名前 説明 対応バージョン
char_type テンプレート仮引数CharT
int_type Traits::int_type
pos_type Traits::pos_type
off_type Traits::off_type
traits_type テンプレート仮引数Traits

構築・破棄

名前 説明 対応バージョン
(constructor) コンストラクタ
(destructor) デストラクタ
operator= ムーブ代入 C++11
swap 値の交換 C++11
  • コピーコンストラクタとコピー代入演算子はdelete宣言されている。

オープンとクローズ

名前 説明 対応バージョン
is_open 開いている状態であることの判定
open ファイルを開く
close ファイルを閉じる

オーバーライドされている関数

すべてprotectedで定義されている。

名前 説明 対応バージョン
imbue ロケールを設定する (protected virtual)
setbuf バッファ領域を与える (protected virtual)
seekoff 相対指定での位置移動 (protected virtual)
seekpos 絶対指定での位置移動 (protected virtual)
sync 出力列の同期 (protected virtual)
uflow (protected virtual)
underflow (protected virtual)
showmasync ブロックせずに読み取れると期待される文字数を得る (protected virtual)
pbackfail 1文字を入力列に戻す (protected virtual)
overflow (protected virtual)

参照