最終更新日時:
が更新

履歴 編集

class template
<functional>

std::bit_xor(C++11)

namespace std {
  // C++11
  template <typename T>
  struct bit_xor {
    T operator()(const T& x, const T& y) const;
    using first_argument_type  = T;
    using second_argument_type = T;
    using result_type          = T;
  };

  // C++14 から(operator() が constexpr、テンプレート引数にデフォルトが指定された)
  template <typename T = void>
  struct bit_xor {
    constexpr T operator()(const T& x, const T& y) const;
    using first_argument_type  = T;
    using second_argument_type = T;
    using result_type          = T;
  };

  // テンプレート引数が void(デフォルト)の場合の特殊化(operator() が関数テンプレート)
  template <>
  struct bit_xor<void> {
    template <typename T, typename U>
    constexpr auto operator()(const T& t, const U& u) const
      -> decltype(forward<T>(t) | forward<U>(u));
    using is_transparent = unspecified;
  };
}

概要

bit_xorクラスは、ビットごとの排他的論理和(XOR)をとる関数オブジェクトである。

この関数オブジェクトは一切のメンバ変数を持たず、状態を保持しない。

メンバ関数

名前 説明 対応バージョン
operator() x ^ y と等価 C++11

メンバ型

名前 説明 対応バージョン
first_argument_type operator() の最初の引数の型。T と等価(Tvoid 以外の場合のみ) C++11
C++17から非推奨
second_argument_type operator() の2番目の引数の型。T と等価(Tvoid 以外の場合のみ) C++11
C++17から非推奨
result_type operator() の戻り値の型。T と等価(Tvoid 以外の場合のみ) C++11
C++17から非推奨
is_transparent operator() が関数テンプレートである事を示すタグ型。
実装依存の型であるがあくまでタグ型であり、型そのものには意味はない。(Tvoid の場合のみ)
C++14

#include <iostream>
#include <functional>

int main()
{
  // テンプレート引数で operator() の引数の型を指定した書き方(C++11 でも使用可能)
  std::cout << "0x" << std::hex << std::bit_xor<int>()(0xFA, 0x47) << std::endl;

  // テンプレート引数で operator() の引数の型を指定しない書き方(C++14 以降で使用可能)
  std::cout << "0x" << std::hex << std::bit_xor<>()(0xFA, 0x47) << std::endl;
}

出力

0xbd
0xbd

C++11バージョン

処理系

C++14バージョン

処理系

参照