最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

function
<iterator>

std::iter_swap(C++20)

namespace std {
  template <class Iterator>
  class reverse_iterator {

    template<indirectly_swappable<Iterator> Iterator2>
    friend constexpr void
      iter_swap(const reverse_iterator& x,
              const reverse_iterator<Iterator2>& y) noexcept(see below);
  };
}

概要

逆順イテレータx, yの指す要素を交換する。

効果

以下と等価

auto xtmp = x.base();
auto ytmp = y.base();
ranges::iter_swap(--xtmp, --ytmp);

例外

以下の式が指定される

is_nothrow_copy_constructible_v<Iterator> &&
is_nothrow_copy_constructible_v<Iterator2> &&
noexcept(ranges::iter_swap(--declval<Iterator&>(), --declval<Iterator2&>()))

備考

この関数はreverse_iteratorのクラス定義内でfriend関数として定義される。そのため、メンバ関数としても非メンバ関数としても明示的に呼び出すことはできず、ADLによってのみ呼び出すことができる。
基本的にはranges::iter_swapカスタマイゼーションポイントオブジェクトを通して利用する。

#include <iterator>
#include <vector>
#include <iostream>

int main() {
  std::vector<int> v = {1, 2, 3, 4, 5};
  int array[] = {6, 7, 8, 9, 10};

  std::reverse_iterator<decltype(v)::iterator> it1(v.end());
  std::reverse_iterator<int*> it2(std::ranges::end(array));

  // ADLによる呼び出し
  iter_swap(it1, it2);

  ++it1;
  ++it2;

  // ranges::iter_swap CPOによる呼び出し
  std::ranges::iter_swap(it1, it2);

  for (int n : v) {
    std::cout << n << ' ';
  }

  std::cout << '\n';

  for (int n : array) {
    std::cout << n << ' ';
  }
}

出力

1 2 3 9 10 
6 7 8 4 5 

バージョン

言語

  • C++20

処理系

関連項目

  • ranges::iter_swap

参照